やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

ローストポーク・クレオールスタイル     2・19・2010

昨日知野ファームで買い求めた野菜です。相変わらず美しく美味しいそうな野菜たち。さぁ、どんなお料理にしましょうか。

a0127398_2415929.jpg

最初にニューオーリンズを訪れたのは今から20年以上も前のことです。寒波が訪れていた一月のことで、まだ小さかった娘を連れて、冷たい風の中を仕事の夫を尻目に、ユニークな町並みを歩いたものでした。ユニークなのは町並みだけでなく、クレオールやケイジュンと呼ばれるフランスの影響あるこの地方独特の食べ物も美味しかったです。

夕べはその時買ってきたクレオール・ケイジュン料理の本から、ローストポークを作りました。この本も今では表紙が取れ、ページがバラバラになり、本の題名さえ分からなくなりました。このローストポークも何度作ったことでしょう。本当はトップロイン(Top Loin)と呼ばれるロースト用の部分を使うのですが、昨日はフィレを使いました。アメリカではロースト用はとても大きいのしか売られてなく、二人分ではもてあますのです。でも、フィレも柔らかくとても美味しく出来ました。それにヘルシーですし。レシピは最後に書きました。

a0127398_2422840.jpg

a0127398_2452738.jpg

サラダは先日の残りの生ハムにフェネルの薄切り、フェネルの羽のような葉っぱも入れて、干したイチジクをお湯に漬けて柔らかにし加えました。(今の時期、フレッシュなイチジクは手に入らないので。)レモン汁とオリーブオイルと塩、胡椒のさっぱりとしたドレッシングで和えました。

a0127398_243689.jpg

たまねぎの薄切り(1/4個)をオリーブオイルで炒めてから、大きなラディッキョの外側の葉っぱを横に1センチ幅に切り、加えました。かなり苦味が強いですが、それもまた美味しいです。

a0127398_243373.jpg


ローストポーク・クレオールスタイル
レシピ(2-3人分)
材料

豚肉 フィレ 1本 約450g
ガーリック 2片 薄切り
ローズマリー 大匙1
セイジ  大匙1
塩  小さじ1
胡椒 少々

オレンジ・グレーズ
オレンジマーマレード ¼カップ
オレンジジュース ¼カップ
マスタード(クレオールスタイルが望ましい) ¼カップ
ブラウン・シュガー 大匙1-2

ソース
グラン・マニエなどのオレンジリカー ¼カップ
オレンジジュース ¼カップ

1.オーブンを170度C に温めておく。

2.豚肉の片側に小さな切れ目を入れ、ガーリックのスライスを埋め込む。

3.塩、胡椒、セイジ、ローズマリーを混ぜ、豚肉の全面にすり込む。

4.豚肉を直火に大丈夫なパンかキャセロール皿に入れ、オーブンに入れる。(フィレの場合、サラダオイルを豚肉に塗る。)

5.約30分後、オレンジグレーズの材料を合わせたものを豚肉に塗ってオーブンに戻し、更に10分焼く。

6.竹串をさして透き通った汁が流れてきたら、焼けた証拠なので、オーブンから取り出す。

7.豚肉を取った後の皿にグランマニエとオレンジジュースを入れ、少し煮つめる。

8.豚肉をスライスし、ソースをかけ、オレンジのセグメントとパセリを飾ってサーヴする。

自家製オレンジマーマレードを使ったせいか、オレンジの香りの高い美味しいローストポークになりました。パセリの代わりにあればフレッシュなローズマリーも良いでしょう。私は、良く飾りとつけあわせをかねて、プルーンをレモンの薄切りと水、ブランデーで煮たものを使いますが、今回はサラダに干しイチジクを使ったので、プルーンは使いませんでした。
[PR]
by Mchappykun | 2010-02-20 02:49 | レシピ