やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

コロコロステーキとポテトサラダ    3・9・2010

もう何年も前に戴いたアメリカの和食レストランの和風ステーキを真似した、コロコロステーキ。大きいまま焼いてから一口大に切ったステーキを、我が家ではいつの頃からかコロコロステーキと呼ぶようになりました。実際のレストランでもこのようなネーミングだったかどうか、定かではありませんが。

ペーパータオルで水分をふき、室温にした牛肉のフィレ肉に胡椒をしてサラダオイルで焼きます。強火と中火の間位で片側3分ずつ。(厚さによってこの時間は変わります。今回のステーキの厚さは4センチでした。)後でソースの中でもう一度火を通しますので、くれぐれも焼き過ぎないように。2センチ角に切り、フライパンの油をふいて醤油、酒、砂糖を混ぜて入れ沸騰させます。火を中火にし、バター大匙1を加えて切ったステーキを戻し、汁をからめます。これは、レストランのカウンターで厨房のシェフの手元を見て覚えました。コロコロステーキは脂身の少ない部分の方が合うように思いますが、お好みのステーキをお使いください。

a0127398_2214293.jpg

ステーキにポテトは付き物。今回はサラダにしました。ポテトは皮のついた丸のままゆでて、熱いうちに皮をむき、5ミリの厚さに輪切りにします。熱いうちに白ワインとビーフストック(又はチキンストック)をポテトにかけます。(中位のポテト1個に対してワイン、ストックともに小匙1)熱いうちにかけると水分を吸収するからです。冷めたらレタス、水にさらした紫たまねぎ、アンチョビ、黒オリーブを加えてドレッシングをかけ、最後にパセリのみじん切りを散らします。オリーブも出来ればオリーブオイルに漬けた汁気のないものを使った方がこのサラダにはむいています。

a0127398_2221550.jpg

ブロッコリは蒸して、塩、オリーブオイル、レモン汁、タバスコのドレッシングで和えました。

a0127398_2224024.jpg

[PR]
by Mchappykun | 2010-03-10 02:23 | レシピ