やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

クヤマカ・ランチョ州立公園               3・15・2010

昨日の日曜日、サンディエゴの東、我が家から1時間あまりの所にあるクヤマカ・ランチョ州立公園(Cuyamaca Rancho State Park)までピクニックに行ってきました。道中のハイウェーには文字通り目の覚めるような鮮やかな花が咲き乱れ、山もすっかり緑になりました。

a0127398_2521915.jpg

a0127398_2524327.jpg

クヤマカ・ランチョ州立公園は2003年10月に、神奈川県全体に相当する地域を灰としたCedar Fireと呼ばれる山火事があった場所です。今でも当時の爪あとを見ることが出来ます。写真でも山全体に生えていたすべての木々が黒焦げになった様が見て取れるでしょう。私たちは2003年、山火事が収まった約2週間後にここを訪れたことがあります。そのときのすべてを焼き尽くして真っ黒になった山を今でも覚えています。現在では、下草や潅木が1メートル以上にもなり、植物の生命力の強さに感嘆します。

a0127398_2535181.jpg

a0127398_2541840.jpg

a0127398_2542910.jpg

山の上の方にはまだ雪が残っていました。日差しは夏のようにきついのに、風は冷たく午後12時というのに気温も11度ちょっと。山は春にはまだ間があるようでした。

a0127398_254528.jpg

この冬は雨が多かったのでクヤマカ湖(Lake Cuyamaca)も水を満々とたたえ、青々しています。こんなに水量の豊富なクヤマカ湖をみたのは始めてのことです。前に訪れた時は、湖に住むカナディアングースにトイレまで追いかけられ、踵をくちばしで突っつかれたことを思い出します。きっと、トイレの近くに卵を産み落としたのでしょう。昨日は追いかけられることも無く、平和な鳥たちの姿でした。

a0127398_2552280.jpg

a0127398_2554122.jpg

a0127398_2555455.jpg

[PR]
by Mchappykun | 2010-03-16 02:58 | 季節