やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

たけのこの土佐煮・姫皮の酢味噌和え     3・17・2010

今年もたけのこの季節がやってきました。昨年、中華のスーパー、99ランチで大量に売られていたたけのこを恐る恐る買ったら、大当たりでしたので、今年も買い求めました。去年ほどの感激はありませんでしたが、自分で茹でたたけのこはやはりおいしかったです。

a0127398_1521690.jpg

一品はたけのこの土佐煮、もう一つは姫皮の酢味噌和え。これに木の芽があったらいうこと無しなのですが、それはアメリカにあっては贅沢なこと。もちろんニジヤさんでは時々木の芽が置いてありますが、とても普段の食卓に載せることが出来るほど手ごろなお値段ではありません。

ぬかと鷹のつめで柔らかに茹でたたけのこを出し汁と砂糖、醤油で汁気がなくなるまで煮て、最後に乾煎りしてパリパリにしたかつお節をからめたのが、土佐煮。たけのこをコロコロと切って歯ざわりを楽しみます。

a0127398_1525939.jpg

姫皮はむいた皮の柔らかい部分。梅干和えも美味しいですね。私が子どもだった頃、新鮮なたけのこの皮をむくと、台所中に青々しいたけのこの香りが充満したものです。母は大きな皮を洗い、外側の毛羽立っているところを包丁でこそげ落とし、中に梅干を入れ皮を三角に折りました。三角形の頂点の隙間から梅干をチュウチュウ吸うのが私は大好きでした。時には梅干でなくお味噌のこともありました。たけのこの香りをかぎながら、梅干やお味噌を少しずつ舐めるのはこの季節にだけ許される子どもの特権でした。

a0127398_1533254.jpg

子どもの頃に食べたたけのこの香りと味には比べるべくもありませんが、アメリカにいて、自分でたけのこが茹でられるだけでも、幸せに思います。

夕べのもう一品は鴨ロース煮です。皮目に塩をして焼き目をつけてから、熱湯にくぐらせ、水、酒、砂糖、醤油の中で煮て、最後の方にケチャップとたまり醤油で煮ます。切った時にピンク色になるように、煮すぎないのがコツです。辛子をつけていただきます。このレシピはプロの料理人のための本、野崎洋光著「日本料理の基礎技術」を参考にしました。ちょっとしたお料理屋さんのような味に仕上がりましたよ。

a0127398_1535945.jpg

[PR]
by Mchappykun | 2010-03-18 01:55 | レシピ