やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

鮭のグリル・バルサミコ酢のソース         3・19・2010

昨日は2年ぶりに受けた健康診断のついでに、帯状疱疹(Shingles)の予防接種を受けてきました。

帯状疱疹は水疱瘡(Chicken pox)と同じウィルスで、子どもの時に水疱瘡にかかった人の3分の1が罹るといわれているそうです。帯状疱疹は年をとると罹りやすくとても痛く、人によっては治るのに何週間も何ヶ月もかかることがあるそうです。最近では予防注射は一回すれば一生効くそうですので、接種してもらいました。私の友達にも何人かかかった方がおり、他人事ではなかったからです。

保険がきかないことは事前に知っていましたが、実際にいくらかかるかは知らず、せいぜい300ドル位かと思っておりました。が、看護士さんに400ドル以上するといわれ、ちょっと躊躇しました。でも、予防接種をすれば80%はかからないと言うお医者さんの言葉を信用することにしました。

そうしましたら、その日に注射代を払えば、40%引きになると言うのです。注射代もまるで洋服を買うようにディスカウントすると言うのを始めて知り、びっくりしました。ちなみに病院は数あるSCRIPPSのひとつ、サンディエゴではトップの病院です。と言うわけで、270ドルで帯状疱疹にかかる可能性が少なくなったと喜んでいます。ただし、2週間は妊婦さんと5歳以下の子どもに接触してはいけないそうです。

さて、夕べは鮭をグリルしてみました。フェネル・シード、塩胡椒して、オリーブオイルを塗った鮭を網で焼きます。焼いている間に青りんご(グラニー・スミス)と水にさらした玉ねぎ(セロリやフェネルなど混ぜても良いと思います。)の角切りにレモン汁、フェネル・シード、塩胡椒を混ぜておきます。別のボウルにディジョンマスタードとバルサミコ酢、オリーブオイル(少量)を混ぜておきます。鮭が焼きあがったら、バルサミコ酢のソースをかけ、周りにりんごなどのサルサで飾ります。

a0127398_2332580.jpg

これは色々なレシピを私流にアレンジしたものです。
[PR]
by Mchappykun | 2010-03-20 02:35 | レシピ