やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

日曜の午後のひととき                  4・5・2010

昨日は復活祭。娘が小さかった頃はアメリカの風潮に染まり、娘と一緒に卵に色を着けたり、エッグハンティングをするために、庭のあちこちに卵や卵の形をしたチョコレートなどを隠したものですが、そんなこともしなくなって、久しくなります。

良いお天気に誘われて、近くの海辺までドライブしました。車で12-3分のところなのに、今までこの海岸には来たことがありませんでした。日曜というのに無料駐車場もすいていて、海辺にも人が大勢おらず、穴場ということが分かりました。駐車場から50メートルのところにあるDog Washのお店にはしょっちゅう来ていましたのに。

a0127398_2949100.jpg

手前の白い花はProstrate Natal Plum(日本語名は分かりません)。我が家にも植わっています。とげがあるのでよく垣根代わりに植えられていて、夏になると3センチほどの赤い実がなります。食べられると言うので試してみましたが、酸っぱくてあまり美味しい実ではありませんでした。

a0127398_2101595.jpg

この黄色い花も良く植えられていますが、名前は知りません。サボテンのようにも見えます。

a0127398_2104562.jpg

左に見える芝生は人工です。我が家も裏庭は2年前人工芝にしました。水の少ないカリフォルニアでは、色々な面で人工芝にして本当に良かったと思っています。

家に帰ってきてのティータイム。先日使った残りのココナッツクリームを使ってココナッツ羹を作りました。寒天ですので、とても軽く時間もかからず簡単です。
桜の塩漬けを載せて、春らしさを出しましたが、もう少し塩を抜けばよかったと反省です。

a0127398_2113598.jpg

写真の後ろの花はピンク・インディアン・ホーソーン。カリフォルニアではとてもポピュラーな潅木で、濃い緑の葉は常緑です。今、まさに満開で、木は葉っぱが見えないほど花で覆われています。




ココナッツ羹
レシピ:色々なレシピを取り入れた私流
材料:ゼリー型6個

粉寒天 1袋 4g
ココナッツクリーム 300cc (ココナッツクリームと牛乳の割合はお好みでなさってください。)
牛乳 400cc  (私は脂肪分1%を使ってよりヘルシーにしました。)
アガヴェネクター 大匙21/2
キルシュ 大匙1
桜の塩漬け(なくともよい)

ソース
水 カップ1
アガヴェネクター 大匙1-2
しょうがの薄切り 5-6枚
キルシュ 大匙1

ココナッツクリーム、牛乳の中に粉寒天を振り入れかき混ぜながら2分煮る。寒天が完全に溶けたらネクターを入れかき混ぜ、最後にキルシュを入れる。あら熱が取れたらゼリー型に流しいれ、冷やす。

ソースを作る。水、ネクター、しょうがを入れて煮立たせ2-3分煮詰める。最後にキルシュを入れて、冷やす。

中にも桜の花を入れたのですが、最後の飾りだけで入れないほうが良いようです。もし中に入れるのでしたら、塩を十分に出して、細かく切ったほうが良いように思います。
[PR]
by Mchappykun | 2010-04-06 02:20 | レシピ