やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

バターチキン・パパダムとサルサ    4・21・2010

久しぶりにインド料理を作りました。バターチキンはマリネをしておけば後はとても短時間でできます。マリネしたせいか鶏肉がとても柔らかで、生クリームとトマトの優しい味になりました。お好みによりスパイスの量を加減してください。最後にレシピを載せました。

a0127398_2182376.jpg

副菜に作ったのはパパダムとサルサ。本当の英語名はSpiced Lentil Wafers。直訳すればスパイスの効いたレンズマメのウェーハスでしょうか。

a0127398_219691.jpg

トマトと紫玉ねぎ、じゃがいも、香菜とチリ(セラノ又はタイチリ)、ライムジュースを混ぜた料理はメキシコのサルサとよく似ています。じゃがいもが入るところが少しインド的かもしれません。パパダムは私は大目のサラダオイルで揚げますが、試したことはありませんが電子レンジでも良いようです。いつもはクラッカーのようにそのままか、カレーと一緒に戴いていましたが、この料理もとてもおいしいです。但し、このインド風サルサをパパダムに長いこと載せたままにしますと、折角パリパリしていたパパダムが柔らかになってしまいますので気をつけて下さい。

きゅうりとヨーグルトのインドのレリッシュに似せて、きゅうりの代わりににんじんを使ってみました。レーズンを入れて少し甘みも加えましたが、美味しいだけでなく、スパイシーな料理の良い緩和剤になりました。

a0127398_220983.jpg

プレーンヨーグルトにワインヴィネガー、塩、胡椒、香菜のみじん切り、にんじんの千切り、レーズンを入れて混ぜ、1時間以上冷蔵庫に入れて、なじませました。

バターチキン
レシピ:Raghavan Iyer[Indian Home Cooking]より
材料:4人分

とり胸肉(骨、皮なし) 450g  繊維に直角に1センチ幅に切る
生クリーム ¼カップ
しょうが みじん切り大匙2
ガーリック 中くらいの大きさのもの5片 みじん切り
香菜 みじん切り 大匙1
コリアンダー 小匙1 
クミン 小匙1/2
塩 小匙1/2
カエンヌペッパー 小匙1/4
クラリファイドバター又はギーか無塩バター 大匙2
トマトソース ½カップ (缶詰でよいです)
フェネグリークの葉 ¼カップ みじん切り(私はライムの葉を使いましたが、クレソンの葉でも良いそうです。)

1.バター、トマト、フェネグリークの葉以外の材料を全部ボウルに入れて混ぜ、蓋をして冷蔵庫に少なくとも1時間置く。ただし、24時間以上は置かない。

2.フライパンにバターを入れ、上記のものとトマトソースを入れ、かき混ぜながら5分料理する。

3.フェネグリークを加え、火を弱め、蓋をして10分、鶏肉が白くなるまで煮る。
[PR]
by Mchappykun | 2010-04-22 02:29 | レシピ