やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

鶏手羽先のキャラメルソースとしょうが煮   5・15・2010

夕べはベトナム料理を作りました。アメリカにはベトナムのスープ麺、フォー(Pho)を出すお店が沢山あります。サンディエゴにももちろん数多くあります。フォーは私も大好きです。美味しくしかも値段もとてもお安いのでランチにはもってこいです。私たちはフォーと一緒に生春巻きも良く頼みます。ピーナッツソースをつけていただくこの料理も大好きです。自分で作るよりお安いのではと思う値段ですので、ベトナム料理を作ろうと言う気持ちは今まであまり湧いてこなかったのですが、夫が買った「The Foods of Vietnam」を読んで、作ってみたくなりました。

この本の著者Nicole Routhierさんはベトナム人の母とフランス人の父を持ち、サイゴンで生まれたそうです。お母さんはラオスでフレンチ-ベトナムのレストランを所有していたこともあるそうです。ベトナム戦争を経験し、その後フランスで教育を受け、ニューヨークで料理学校に通い、この本が出版された1985年の時点では、ニューヨークでシェフと料理学校の先生をしていましたが、現在どうされているのかは分かりません。

さて、夕べはこの本の中から鶏手羽先のキャラメルソースとしょうが煮と豆腐とニラのスープを作りました。夫は私が今まで作った手羽先料理の中でこれが一番美味しいといいましたが、確かにとても美味しく出来ました。かなり甘いのですが、それが手羽先にマッチしています。付け合せはもやしのピクルスで、白いご飯も合いました。

a0127398_262893.jpg

a0127398_265715.jpg

アメリカでフォーを頼むとどこでも必ず生のもやしがお皿に山盛りついてきます。ベトナム人はこのもやしを一緒についてきた香菜やタイバジル、ライムとフォーの中に入れて食べています。私もまねをしてフォーの中に入れるのですが、冷たいもやしを入れると折角の熱々のフォーがぬるくなるし、味もついていない生のもやしが美味しくなるわけでもなく、結局は大量に残るもやしをもったいないと横目でにらんでおりました。このようにピクルスにすれば、しゃきしゃきした感触はそのままで、程よい酸っぱさが美味しく、付け合わせとしてはとてもいいアイディアだと思います。

スープもニョクマムで味をつけた豚肉がスープに良い味を出していました。
a0127398_27252.jpg

鶏手羽先のキャラメルソースとしょうが煮
レシピ:Nicole Routhier「The Foods of Vietnam」より
材料(4-6人分)

もやしのピクルス 450g (もやし450g、青ねぎ2本、水4カップ、酢1/2カップ、塩大匙1)
キャラメルソース (砂糖カップ1/3、ニョクマムカップ1/4)
鶏の手羽先 900g
しょうがの千切り 大匙1
挽きたて黒胡椒 
  
1.水4カップに酢1/2カップ、塩大匙1を煮立て手がつけられるほどの温度になるまで冷ます。もやしと2センチの長さに切った青ねぎを酢水の中に漬け、1時間置く。(もやしはその日のうちに食べきるようにする。)

2.キャラメルソースを作る。砂糖を中火で溶かし、狐色になったら火を止め、ニョクマムを入れて砂糖が溶けるようにかき混ぜる。(砂糖とニョクマムだけでは固まってしまいましたので水カップ1/2を入れました。)室温になるまでそのままにする。。(キャラメルソースが熱いときに鶏肉を入れると砂糖が固まって溶けないので、必ず室温になってから鶏肉を入れる。)

3.キャラメルソースの中に手羽先、しょうがの千切り、胡椒を入れ、沸騰したら弱火にし、蓋をして30-40分火が通るまで煮る。時折ひっくり返す。(私は最後は煮汁がトロっとなるように蓋を取り鍋をゆすりながら、鶏に煮汁がからむようにしました。)
[PR]
by Mchappykun | 2010-05-16 02:12 | レシピ