やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

ダンジェネスクラブ     6・26・2010

太平洋の北の海岸で獲れるダンジェネスクラブ(Dungeness Crab)のシーズンは11月の半ばから始まり、6月で終わるとされています。とはいえ、去年の7月4日(独立記念日)、中華のスーパー、99ランチでは活きたダンジェネスクラブを買う人の長い列が出来ました。そもそも99ランチの週末はすごい混みようで、広い駐車場なのにスペースを見つけるのも容易ではありません。

この混雑を避けたくて、今年は6月最後の金曜日にカニを買いに行きました。若いときはこういうご馳走は特別な日に限っていたのですが、年を取るとハレもケもなく、食べたい時が食べ時になりました。

a0127398_2193031.jpg

さて、活きたダンジェネスクラブはこのくらいの大きさです。定規は12インチ、30センチです。ダンジェネスとしては大きい方でしょう。ちなみに2ハイで25ドルです。これを12-15分、真っ赤になるまで蒸します。

a0127398_2195661.jpg

ソースは酢醤油の和風とタイ風のソースの二種類作りました。このタイ風ソースがとても美味しくやみつきになりそうです。東海岸のブルークラブは赤い唐辛子の入ったスパイスをかけてビールで蒸しますが、ダンジェネスクラブは普通に蒸した方がよいように思います。

a0127398_2201775.jpg

ダンジェネスクラブの殻は相当固く、しっかりしたはさみが一番殻を切るのに適しています。後は先の細めな箸でカニの肉を取り出します。カニを食べ始めると皆夢中になり無言になります。夫も私もはさみの使いすぎで親指の皮がむけたのにも気がつかないほどでした。

チリとライムのタイ風ソース
レシピ:Kasama Loha-Unchit著「Dancing Shrimp」より
材料(2-3人分)

タイチリ 赤と緑 4-8本(私は2本にしました。お好みで量を加減して下さい。) 薄い輪切り
ガーリック 6-8片 みじん切り
香菜の根または茎 みじん切り 小匙2-3
ナンプラー 大匙2-3
ライムの絞り汁 大匙3
砂糖 小匙2-3

チリ、ガーリック、香菜の根を石臼と石の杵でつぶす。ナンプラー、砂糖、ライムを入れてペースト状にする。
[PR]
by Mchappykun | 2010-06-27 02:22 | レシピ