やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

とりそば         6・30・2010

最近ニジヤさんで売られている鶏がらでスープを作るようになって、タン麺のスープがとても美味しくなりました。やはり、自分で作るスープは美味しいですね。市販の塩ラーメンやタン麺の素も使いますが、自家製鶏がらスープかどうかで味が全く違います。ただし、味噌と醤油ラーメンは折角の自家製スープを使ってもあまり違いが分かりません。

私の鶏がらスープのとり方は次の要領です。

鶏がらはざっと洗って、ガラがかぶるくらいの水を入れて煮ます。煮立ったら,一旦お湯は捨て、ガラの内臓をていねいに取り、きれいに洗います。再びガラにかぶるくらい水を入れ、ねぎと皮付きのしょうがをつぶしたものを入れ、煮立てます。弱火にし、灰汁をていねいに取り除きながら、2時間煮ます。

洋風のストックの場合は玉ねぎ、ガーリック、ブーケガルニ(ローレル、タイム等のハーブ類)、パセリなどを入れます。

ガラを取り出し、手で触れるくらいに冷めたら、骨についている肉をとります。かなり沢山ついているので、バンバンジーにしたり、バンサンスーにしたりと用途は様々です。2時間も煮込んで旨みがなくなっていると思いのほか、骨についていたからか、とろけるように柔らかで、肉も美味しいので捨てないで下さい。


この前の日曜日のランチはこの鶏肉とガラのスープで鶏そばにしました。最後にありあわせの野菜とねぎの千切りをたっぷり加えます。白胡椒をかけて召し上がってください。スープもきれいさっぱりなくなるほど美味しいです。

a0127398_212871.jpg

[PR]
by Mchappykun | 2010-07-01 02:13 | レシピ