やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

なすと鶏ひき肉のあんかけ     7・20・2010

出盛りの茄子を使ったお惣菜です。茄子はめんどうでも塩水にさらして、水分をペーパータオルできっちりふいてから調理すると、油を吸いすぎずに美味しく出来るのですね。以前は知識としては知っていても、面倒で塩水につけたことはあまりありませんでした。でも、やはり料理はちょっとした手間をおっくうがらずにやると、それだけ美味しくなるのも確かです。

1本を6-8に切って大目の油で炒めた茄子に、かつおの出し汁にとりひき肉を加え、砂糖、みりん醤油で味をつけて水溶き片栗粉でとろみをつけた、あんをかけます。オクラやいんげんなどの青味を添えればもっときれいでしょう。

a0127398_1481984.jpg

東海岸に住んでいた時は、ほとんど日本の茄子が手に入りませんでした。近くに住んでいた日本人二世のJさんは野菜作りがとてもお上手でした。彼女が何十年も丹精込めて耕し肥料を施した裏庭の畑がもったいなくて、引越しが出来ないとおっしゃっていました。そのJさんが初夏になると、私に日本の野菜の苗を分けてくださいました。茄子やきゅうりなど自分で育てた野菜は本当においしかったです。

カリフォルニアに越してきて、日本食料品店に出回る日本の野菜の豊富さにびっくりしました。手軽に手に入る日本の野菜たちに、私はすっかり無精になり、野菜作りからは遠ざかってしまいました。

さて、夕べはかつおの出し汁をたっぷり作ったので、くみ出し豆腐と茹でたほうれん草の澄まし仕立ても作ってみました。かつおのだしを2番出しの要領で、5分ほど煮て、濃い出し汁を作りました。かつおの香の強い美味しい澄まし汁になりました。

a0127398_1484296.jpg

日本料理はお惣菜といえど出し汁が大事なようです。
[PR]
by Mchappykun | 2010-07-21 01:50 | レシピ