やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

たらの白ワインソース煮                 8・3・2010

私は肉よりも魚のほうが好きです。レストランへ行ったら、ほとんど魚料理ばかり注文します。でも、どうもアメリカ人は魚より肉料理を好む方のほうが多いように思います。そのせいなのかどうなのか、海に面しているサンディエゴですのに、ぴちぴちとした獲れたての新鮮な魚にはお目にかかれません。しかも、値段も高い。

近くのオーガニックのスーパー、Jimbo’sでは一応料理できるほどの魚が手に入りますが、よいお値段です。夕べ使ったタラは1ポンド(約450g )が12.99ドル、おひょうは19.99ドルもしていました。この値段でしたら、牛肉のフィレミニヨンとあまり変わりません。紅鮭も同じような値段です。こんなところにもアメリカ人の魚離れがあるのかもしれません。もっとも需要と供給の悪循環かもしれませんが。

夕べはシャロットやにんじん、トマト、マッシュルームと一緒にたらを白ワインで煮込みました。パプリカ、サフランの香りがよく、野菜とソースたっぷりの料理です。

a0127398_1231849.jpg

付け合せのサラダはアルグラ、梨、キャラメライズしたクルミ、チーズです。ドレッシングには胡桃のオイルとシェリーヴィネガーを使いました。

a0127398_1234978.jpg


たらの白ワインソース煮
レシピ:Home Cooking Libraryより
材料(4-6人分)

おひょうなどの白身魚 フィレ 約1キロ 人数分に切る
レモン 半個
シャロット 4個 みじん切り
ガーリック 1片 つぶす
にんじん 1本 粗みじん切り
ポロねぎ(細いもの2本)または青ねぎ(3-4本) 粗みじん
トマト 小6個 皮をむいて4つに切る
バター カップ1/2
マッシュルーム 225g
塩、白胡椒、パプリカ、サフラン(またはターメリック) 適宜
辛口白ワイン 1カップ

1.魚に塩を振り、レモン汁をかける。

2.キャセロールのような鍋にバターを溶かし、シャロット、ガーリック、にんじん、ポロねぎを約10分炒める。トマトを加え、更に5分炒める。

3.丸のままのマッシュルーム、魚を加え、塩、胡椒、パプリカ、サフランを加え、白ワインを入れて、煮立ったら弱火にして蓋をして10-20分(魚の大きさによって加減する)火が通るまで煮る。
[PR]
by Mchappykun | 2010-08-04 01:25 | レシピ