やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

八月の北海道 -ニセコ-   8・31・2010

第十日目  8月16日(月)


甘露の森の朝食は和洋のバッフェです。この日は和食にしました。おかゆ、カニの味噌汁、シシャモ、蕗とあぶらげの煮物、とろろ、湧き水で作った豆腐等々。薄味で、特に豆腐と蕗が美味しかったです。

a0127398_159225.jpg


ヨーグルトと黒糖羹。日本のヨーグルトは総じてすっぱ味が強いように思いました。
a0127398_1592624.jpg


羊蹄山を間近に見ようと、ニセコアンヌプリのゴンドラ乗り場にやってきましたが、生憎雲が羊蹄山を覆い、この日はゴンドラはあきらめることにしました。

ゴンドラ乗り場の近くから眺めた遠くの山々
a0127398_211652.jpg


足の向くまま、気の向くまま、車を走らせます。尻別川の誰もいない公園に立ち寄ったり、
a0127398_215779.jpg


a0127398_221289.jpg


ミルク工房で美味しいヨーグルトを飲んだり、広大な緑の野とひまわり畑を眺めたり...車で走っていると、あちらこちらにひまわり畑が目に付きました。ひまわり畑というと、南スペインの灼熱の乾いた大地が思い起こされますが、北の大地のひまわりも趣が違い、きれいでした。


a0127398_23177.jpg


a0127398_232112.jpg


ミルク工房のひまわり畑
a0127398_234240.jpg


a0127398_24663.jpg


皆太陽を向いているのに、一本だけなぜか反対を向いています。

a0127398_251380.jpg


昨日行ったお蕎麦屋さんのある66号線を通り、京極町にあるうどん屋さんへと走ります。うどん屋さんの名前は「名水うどん野々傘(ののさん)」。羊蹄山の湧き水を使っていると言うことです。

a0127398_27280.jpg


国道276号線に沿った文字通り野中の一軒家です。が、駐車場はほぼ満杯。お店の外には何人もの人が待っています。ここもまた、行列のできるお店なのですね。

a0127398_274343.jpg


それでもここは、昨日のお蕎麦屋さんよりはオーガナイズされていて、お店の方に名前と人数を言って、メニューが決まり次第伝えておきます。それに昨日のお蕎麦屋さんよりは店内が広いので、それほど待たずに済みました。

この日は暑かったので、夫はちくわ玉天ぶっかけ(ちくわと玉子のてんぷらのぶっかけ)。私は舞茸天ぶっかけ。

a0127398_284950.jpg


a0127398_291168.jpg


おうどん自体は美味しく、舞茸天も海苔も美味しいのですが、量の多さには参りました。食べても食べてもなくならない。チラッと右隣の若い女性を見ましたら、梅干の入ったうどんをきれいに完食なさっていました。左隣の小さいお子さん連れのご主人は、普通のうどんの他に麦とろやてんぷらも頼んで、全部召し上がっていました。

ネットの書き込みでは、量が多くて食べ切れなかったと言うのがありましたので、多いと思うのは私たちだけではないようですが、北海道人は大食漢が多いのでしょうか。

最近はネットで情報があっという間に伝わりますから、街中から遠く離れた一軒家でも、特に北海道のように皆車で移動するところでは、たとえ不便な所でも、おいしい店には沢山人が集まるのですね。

どの道をどう通ったのか今では思い出せませんが、うどんの後は、またミルク工房にやってきました。私もアイスクリームが好きですね。今回は生アイスを頂きました。生アイスは出来立てのアイスクリームです。サクッとして少しシャーベットのような感触で、でもアイスクリームの濃厚さがあります。北海道の牛乳は味も香も本州のものとは明らかに違います。写真がありませんが、ご想像ください。私たちが食べたのはミルクの生アイス。色々なフレーバーがあります。興味のある方は青字をクリックして下さい。ミルク工房の生アイスのサイトへ行きます。

ここではアイスの他にお菓子類や、ジャム、アクセサリーも売られており、私はミルクーヘン(バームクーヘン)、山葡萄とぐみ、とうきびのジャムを買い求めました。とうきびジャムなんて、どんな味でしょう。ミルクーヘンはとても美味しかったですよ。

ミルク工房が面している道路には可愛い花が植えられ、白樺の木々が爽やかです。

a0127398_2105382.jpg


a0127398_2111222.jpg


[PR]
by Mchappykun | 2010-09-01 02:15 | 旅行