やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

唐辛子と花椒の海老炒め    9・10・2010

この料理は元は10センチくらいの小さな魚を使うようですが、海老でも美味しく出来ます。中国語では麻辣子魚と言う料理名で、英語にはHot-And –Numbing Tiny Fishと訳されています。同じ辛さでも唐辛子と花椒は違い、花椒の辛さをNumbing:しびれると訳したのはとても感じが出ています。

前菜やビールのおつまみに最適です。

a0127398_1502475.jpg


唐辛子と花椒の海老炒め
レシピFuchsia Dunlop「Land of Plenty」を基にしています。
材料(前菜として4人分、おつまみとして6人分)

海老 450g
小麦粉  ¾カップ
ピーナッツオイル 揚げ油として適宜

マリネ用 
塩 少々
紹興酒  大匙1
しょうが 親指大 皮をむかずにつぶす
青ねぎ 2本 つぶす

調味

ピーナッツオイル 大匙2、唐辛子粉 小匙1/2、ローストした花椒 小匙1

1.海老は殻をむき、背綿をとる。塩水で洗い、何回か真水ですすぐ。(この方法はタイ料理の本で学びました。こうすると、海老がぷりぷりと美味しくなります。)

2.海老をマリネの調味に15分漬ける。

3.オイルを180度C に熱する。マリネした海老の水を切り、しょうがとねぎを取り除く。海老に小麦粉を満遍なくまぶす。

4.2-3回に分けて、2-3分海老をカラっと揚げて、油をきる。

5.中華なべをきれいにし、新たに大匙2のオイルを熱し、唐辛子粉を入れる。焦げないように気をつけてオイルが赤く良い香りがたつように炒める。花椒を加え、更に炒め、海老を加えて、唐辛子粉と花椒とよく混ぜる。熱いうちにサーヴする。

このレシピで、ポテトチップスも作れるのだそうです。確かに美味しそうです。四川風ポテトチップス、今度試してみましょう。
[PR]
by Mchappykun | 2010-09-11 01:53 | レシピ