やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

スパゲッティ・ボンゴレ    9・13・2010

スパゲッティ・ボンゴレを作ると、12年前の今月に亡くなった夫の母を思い出します。大正生まれの夫の母は,とてもモダンでユニークな人で、誰に対しても物事の白黒をはっきり言う裏表のない人でもありました。

あれはまだ私たちが日本に住んでいたときのことですから、もう25年以上も前のことです。お昼時に我が家にやってきた母に、お昼御飯を何にするか聞きました。「スパゲッティ・ボンゴレだったら食べたいな。」と母。さあ、困った。もちろんアサリの買い置きはないし、缶詰もないし。実際、スーパーまで買いに行ってから作るのは、面倒だな、と思う私の心を読んだのか、夫が「僕が買いに行くよ。」と言ってくれました。もっとも、スーパーまで自転車で2-3分です。母も安心したように、「アンタが行ってくれるなら、ボンゴレがいいわ。」と。

あの時、私が作ったスパゲッティ・ボンゴレがどのような味だったのか、そしてどんな風に作ったのか覚えていませんが、今だったら、あの時より確実に美味しいものを食べてもらえたのに...

a0127398_1393127.jpg

さて、昨日のお昼の私流ボンゴレの作り方です。

ガーリックのみじん切りと種を取って半分に切った鷹のツメをオリーブオイルで炒めます。そこへ、よく洗ったアサリを入れ、白ワインを加え、蓋をしてアサリが開くまで蒸し煮にします。アサリからでる塩で充分ですので、塩は加えず、胡椒だけ振り、最後におろしたてのパルメザンチーズとパセリのみじん切りを振り掛けます。今回はカッペリーニを使いました。
[PR]
by Mchappykun | 2010-09-14 01:40 | 思い出