やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

ひき肉を詰めたミニパプリカ     9・21・2010

このところサンディエゴは曇り空が続いています。気温も午前10時現在、15.7度と肌寒いくらいです。濡れるほどではありませんが、歩いていると、細かな水滴が時折顔にかかります。すっきりとしたサンディエゴらしい青空が見えないと、なんだか調子が出ません。

知野ファームで買い求めた赤とオレンジ色のミニパプリカ。このきれいで可愛らしいパプリカを見ていて、こんな料理を思いつきました。

a0127398_1574035.jpg

先日余って冷凍しておいた仔牛のひき肉にパン粉、パルメザンチーズ、生クリーム、ピスタチオ、塩胡椒、オールスパイスを加え、パプリカの中に詰めて、キャセロールにお湯をはった中に入れて、180度C(350度F)のオーブンで約30分焼きました。似た様な料理法は色々あり、私のオリジナルではありませんが。中に入れるひき肉は何でもよいでしょう。豚肉だったら中華風にして、餡を上からかけても良いかもしれませんね。

a0127398_158762.jpg

パプリカも甘く、中のお肉もとても美味しく出来ました。丁度よい大きさのキャセロールがないので、パプリカが倒れないように、大根を切った物を入れて支えました。どうせなら、大根を柔らに煮てから使えば大根も食べられたのに、オーブンで30分では、大根は柔らかになりませんでした。出たとこ勝負で作ったので、このような結果になってしまいました。

たった四つだけですので、オードブルにしかなりません。ですから、サラダは少しボリュームがあるようにと、チキンサラダです。このチキンはストックを作ったときに出る骨についていたものです。ストックのために、2時間も煮込んだものですが、骨についていたからか、ぱさつかず、美味しいのです。

a0127398_1583252.jpg

[PR]
by Mchappykun | 2010-09-22 02:00 | レシピ