やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

ハマチの幽庵漬け&茄子と豚肉の煮物   10・14・2010

昔、近江のお茶人、堅田幽庵がよくお客に出したということで、幽庵漬けと言う名前になったと言う、みりんと醤油につけて焼く料理です。(湯木貞一著「吉兆味ばなしII」より)

酒、みりんを同量、醤油三割の中に、ハマチを30分から1時間漬けておきます。あれば、ゆずも一緒につけるのだそうです。柚子を一緒につけたら、皮だけを細かく刻んで、焼いたハマチの上に止めると良いとのこと。漬け汁はさっと煮立てて、たっぷりの大根おろしの横に注ぎます。ちょっと目を離した隙に焦げてしまい、お目汚し、申し訳ありません。

a0127398_2164058.jpg

茄子もそろそろ終わりでしょうか。袋詰めの茄子が安かったので、買い求めました。丸のまま、昆布と酒、水で柔らかに煮ます。端に削り節をチーズクローズに包んで入れておきます。ナスが柔らかになったら、一口大に切った薄切りの豚肉を入れ、あくを取ります。鷹のツメの薄切りと砂糖、醤油を入れ、こっくり煮ます。

a0127398_217127.jpg

吉兆さんの本では豚肉ではなく、ニシンです。ニシンは手に入りませんでしたので、豚肉にしましたが、美味しく出来ました。鷹のツメがピリッとして、アクセントになります。

もう一品は小松菜の辛し和え。かつおの出し汁に醤油と辛子を加え、ゆでた小松菜を漬けました。珍しくも何ともない一品ですが、しゃきっとした小松菜の歯ざわり、ほうれん草とは違ったよさがあります。

a0127398_217345.jpg

デザートはまた、果物とアイスクリームの組み合わせになりました。普通、私たちはデザートは果物をそのまま戴くことが多いのですが、このところ、夫がどういう訳か、アイスクリームを所望しますので。

昨日、VONSでいちごが2パック(900g )で$2.99とお買い得でした。一つつまんで見ますと、やはり、少し甘さに欠けます。そこで、砂糖少々と赤ワインとカシス、ペパーミントの葉を混ぜて、アイスクリームと一緒に頂きました。プレーンヨーグルトやサワークリームでも良いと思います。少し甘さの足りない、いちごにはぴったりのレシピです。

a0127398_2185821.jpg

[PR]
by Mchappykun | 2010-10-15 02:23 | レシピ