やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

中華風コーンスープ    10・19・2010

先日知野ファームで買い求めたコーンが冷蔵庫にありましたので、中華のスープを作りました。コーンは買ったその日に全部蒸して、使わなかった分は冷蔵庫に入れておきます。知野ファームではコーンは1ダースか半ダース単位でしか売りません。いつも半ダース買うのですが、必ず7本入っています。

さて、鶏がらでとったスープを煮立て、コーンの粒と塩少々を入れて煮ます。ミキサーにかけてから、裏ごしにし、鍋に戻して煮立てます。コーンスターチでとろみをつけ、鶏の千切りに卵の白身を混ぜて加えます。私はスープをとったガラについていた肉を使いました。普通は生のままの胸肉かささみがよいでしょう。最後に牛乳を入れてもよいでしょう。

鶏肉と白身の割合ですが、鶏肉50-60gに対して3個の白身ということになっていますが、私は残っていた1個の白身しか使いませんでした。余分な黄身2個を使う料理を考えなかったからです。

a0127398_1575983.jpg

コーンの甘味が最大限に生かされて、とても美味しいスープになりました。コーンの粒を少量別に取っておき、最後に粒のまま加えましたので、コーンビスクのようになったのも、良かったようです。

メインは水煮牛肉です。これは前にもレシピを載せましたが、今回の野菜はセロリにしました。セロリのしゃきしゃき感がとても美味しかったです。普通レストランで頂く水煮牛肉はとても辛いスープたっぷりの中に牛肉が入っていますが、スープの量を減らし、辛さもマイルドにしましたので、白いご飯と一緒に全部頂くことが出来ました。

a0127398_1585946.jpg

付け合せはいんげんの四川風炒め物です。いんげんをオイルで炒め、別皿にとり、新たなオイルで種を抜いた鷹のツメ、花椒、ガーリックとしょうがの薄切りを炒め、インゲンを戻して、塩で調味します。いんげんをゆでずに、炒めるのがミソです。

a0127398_1592938.jpg

[PR]
by Mchappykun | 2010-10-20 02:01 | レシピ