やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

牛肉とピーマンの炒め物&いんげんの四川風おひたし  11・23・2010

おねがい

私のお友達のFleur de selさんが参加なっている、フランスの料理コンテストの第三課題による投票が始まりました。Fleur de selさんのお人柄通りの優しく、温かく、愛情溢れる美味しそうで、とても素敵なお料理です。皆様、是非ただ一人の日本人として頑張っておられるFleur de selさんに、最終審査に残れるように、投票をお願いいたします。

投票の締め切りはフランス時間25日24時です。日本時間26日午前8時、アメリカ東海岸25日午後6時、西海岸25日午後3時です。なお、毎日フランス時間の24時を過ぎると再投票できますので、よろしくお願いいたします。

Fleur de sel (まずは青字をクリックして、彼女のサイトへいってください。)

アメリカは今週の木曜日、25日は感謝祭(Thanksgiving)です。間際になると、皆ご馳走の準備で、スーパーマーケットはどこも大変な込みようになります。時にはカートさえも奪い合いになることがあります。昨日の月曜日もすでにいつもより込んでいました。

さて、この時期になると、アジア系のスーパーでは銀杏がお目見えします。夕べはお酒やビールのおつまみに最適な「ぎんなんの塩いり」を作ってみました。銀杏は殻を割っただけで、フライパンで乾煎りします。焦げ目がついたところで、塩水をかけます。塩水は舐めてみて塩辛いな、と感じるほどの濃さで、分量は銀杏20個で50ml ほどです。塩水が蒸発するまで、更に乾煎りすると、銀杏が塩で白っぽくなります。

a0127398_2581125.jpg

殻をむきながら頂きます。食べる人が各自でむきますので、料理人の手間が省けて、楽です。それに、殻をむきながらビールやお酒を頂戴するのも、なかなかよいものです。

メインのお料理は表題の通りです。両方とも普通の素材で、簡単な中華ですが、美味しい料理です。

インゲンの四川風おひたし
a0127398_2591532.jpg

いんげんは塩茹でし、冷水に取り、ざるに上げてから、ペーパータオルで水分をざっとふき取ります。乾煎りした花椒(大匙1)をつぶし、青ねぎ(10センチ)のみじん切りと一緒に更につぶし、醤油(大匙1)、酢(小匙1)、チキンストック(大匙1)、砂糖と胡麻油少々を加えたソースをかけます。これは陳健一著「鉄人の中国健康料理」を参考にしました。

牛肉とピーマンの炒め物はどこの中華料理店でも見かける一品ですが、1時間ほど牛肉をマリネすることで、美味しくなります。

a0127398_30330.jpg


牛肉とピーマンの炒め物(青椒牛肉糸)
レシピ:傳培梅著「培梅食譜」参照
材料(2人分)

牛肉  250g
マリネ
醤油 大匙2 (好みにより加減して下さい)
冷水 大匙1
紹興酒 大匙1/2
片栗粉 小匙2
塩 小匙1/2
サラダオイル 大匙1

その他の材料
ピーマン 日本のピーマンなら3-4個、アメリカのものなら1個半から2個
青ねぎ 1本
しょうが 薄切り3枚
砂糖 小匙1/2
塩 小匙1(好みにより減らしてください)
サラダオイル 1カップ

1.牛肉は細く5センチ長さに切る。(私は焼肉用を使いました。ある程度の厚さがあったほうが美味しいです。) マリネの材料を混ぜて、1時間置く。

2.ピーマンは半分に切り、種を除き、横に千切りにする。

3.青ねぎとしょうがは5センチ長さの千切りにする。

4.オイル、1カップを中華なべに熱し、牛肉を約10秒揚げて、油を切る。

5.中華なべをきれいにし、新たに大匙3のオイルを熱し、青ねぎとしょうがを炒める。ピーマンを加え、砂糖と塩を入れ、牛肉を加えて、全体を混ぜながら炒める。
[PR]
by Mchappykun | 2010-11-24 03:04 | レシピ