やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

辛くないタイ料理二品                12・14・2010

世界中に辛い料理というのは沢山あります。韓国料理、四川料理は言うに及ばず、メキシコ料理にも辛いものがありますし、インド料理はスパイシーであり、時に辛くもあります。そして、もちろんタイ料理も辛い料理の代表でしょう。同じ辛い、といってもそのフレーバーは料理によってそれぞれ違います。

これらの辛い料理は、辛さの程度はあるにしても、辛さも味覚のうちですから、辛さをなくしてしまったら、その料理らしくなくなってしまうことでしょう。でも、辛い料理の代表のようなタイ料理にも、全く唐辛子を使わずに作る料理も沢山あります。夕べはそのような、全く辛くないタイ料理を作ってみました。

一つは骨と皮付きの鶏もも肉に塩をすり込み、蒸しただけの非常にシンプルな料理です。(Kasma Unchit さんのホームページより)

a0127398_39568.jpg

最初にガーリックのみじん切り大匙1としょうがのみじん切り大匙2をシーソルト小匙1/4と一緒に石臼でつぶし、ペースト状にします。小さなボウルに移し、ピーナッツオイル大匙1を混ぜ、少なくとも30分置いて、味をなじませます。

余分な黄色い脂を取ったもも肉(アメリカではThighとして売られている付け根の骨付きもも肉です。)にシーソルトをすり込み、ボウルに入れて20分置きます。(骨付きチキン約500g に、塩小匙1/2の割合です。)蒸気の上がった蒸し器にボウルを入れ、強めの中火で25分から30分蒸すだけです。蒸しあがったら、一口大に切り、スープのたまったボウルに戻して、サーヴし、ガーリックとしょうがのソースをつけていただきます。自然に出たスープも美味しく、夫はご飯にかけて食べていました。

a0127398_395239.jpg

これほどシンプルな鶏肉料理もないくらいですが、とても美味しいので、びっくるするほどです。

もう一つは豆腐ともやしの炒め物です。

a0127398_3102519.jpg

豆腐は水切りをしておきます。ガーリックと塩を石臼でペースト状にしたものを、サラダオイルで炒め、狐色になったら、火を強め、豆腐をちぎって入れます。豆腐を崩さないように炒め、もやしを加え、醤油、砂糖、オイスタースースで調味し、皿に盛ってから白胡椒と香菜を散らします。(David Thompson 著「Thai Food」より)

これもシンプルで美味しい料理です。二皿で随分沢山のガーリックを使ってしまいました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2010-12-15 03:12 | レシピ