やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

五柳魚 & 冬瓜と干貝柱のスープ        12・25・2010

クリスマスイヴは、本当は買い物に行きたくありません。お店も道路もとても混んでいるからです。でも、クリスマスのご馳走にはなるたけ新鮮なものが欲しく、中華のスーパー、99ランチに出かけました。

お店の中に入ると、そこはもうアメリカではありません。中国人、メキシコ人、アフリカ人、東南アジア系の人々、そしてアメリカ人、様々な人種が入り乱れています。活きた魚類を買い求める30人近くの人々が、列も作らず、勝手にオーダーし、順番も何もなく、口々に騒ぎ立てます。ここで日本人らしくおとなしくしていたら、いつまでたっても買えませんので、うまく人と人の隙間をくぐりぬけ、前にしゃしゃり出て、身振りを交えて叫びます。

黄緑色の目立つセーターが功を奏したのか、それほど待たずに買うことが出来ました。こういうのを「おばさん化する」というのでしょう。またの言い方を図々しいと言いますね。

というわけで、イヴの夕食は中華の魚の丸のままの料理です。マナガツオはお腹に十字の切込みを入れ、塩を振って両面をサラダオイルでカリッと焼きます。醤油と片栗粉でマリネした豚肉、戻した干し椎茸、にんじん、たけのこ、ねぎ、しょうが、すべて千切りにして炒めます。スープと砂糖、醤油、黒酢で調味し、魚を加えて、煮込みます。最後に赤唐辛子の千切り、黒胡椒と胡麻油を加えます。

a0127398_243291.jpg

上に載せた野菜が色鮮やかに仕上がりました。

前菜は少しクリスマスらしくしたつもりです。ほうれん草と豆腐を和えて、ツリーのようにしましたが、少しほうれん草が足りず、低いツリーになってしまいました。しかも写真ではいびつになっていますね。海老は花の形にして、紹興酒、塩、青ねぎ、しょうがと共に蒸したものです。花の形にするやり方は以前のサイトを参考にして下さい。

a0127398_2442288.jpg

夕べ、秀逸だったのは冬瓜と干貝柱のスープです。貝柱はお湯に二時間漬けた後、30分強火で蒸します。冬瓜は皮をむいてアク抜きのために2-3分ゆでてから、鶏がらのスープと貝柱の戻し汁と一緒に30分煮ます。調味は塩だけです。貝柱から旨みが出て、とても美味しいスープになりました。

a0127398_245190.jpg

日本の方はもうクリスマスが終わってしまいましたが、アメリカ在住の方は、今日がクリスマスです。ヨーロッパの方もまだ25日ですね。どうぞ良いホリデーをお過ごし下さい。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2010-12-26 02:51 | レシピ