やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

ペッパー・ビーフ・ステーキ    1・19・2011

夫は心身ともに力をつけたいときは、ビーフ・ステーキを所望します。確かに、アメリカの分厚いステーキを食べますと、もりもり力がわいてくる気がします。夕べはリブアイと呼ばれるお肉に、つぶした黒と緑の胡椒をまぶして、ステーキにしました。

この一枚、500gのステーキを二人で半分ずつにしました。

a0127398_2565542.jpg


余分な脂身を取り除き、室温にして水分をふき取ったステーキに、石臼でつぶした黒と緑の胡椒を両面にまぶし、掌で押し付けます。塩は焼く直前に振ります。

a0127398_2572911.jpg


バターとサラダオイル(癖のないオイル)を熱して、やや強めの火で、片面3分ずつで、この4センチはある厚さですと、ミディアム・レアーです。

肉を取り出し、余分な油を捨て、フライパンにブランデーを注ぎます。火をつけてアルコール分を飛ばすか、ほとんど汁気がなくなるまで煮詰めます。生クリーム(なるたけ濃いクリームが良いです。)を入れて一煮立ちさせて、ステーキの上にかけます。

a0127398_2582989.jpg


ポテトはチキンストック、レモンの皮、ロズマリー、タイム、ガーリック、オリーブオイル、塩、胡椒を5分ほど煮立てた中で、柔らかになるまで茹でました。ステーキとポテトのレシピともDorie Greenspan著「Around my French table」を参考にしました。

a0127398_259330.jpg


サラダはシンプルなグリーンサラダが合います。

ステーキと赤ワインで、明日からもりもり元気になりそうです。

ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-01-20 03:04 | レシピ