やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

キンメ鯛のアーモンド・ムニエル   1・26・2011

忙しい日は手早く料理できるものがいいですね。でも、美味しく、しかも目先を少し変えて。夕べはいつもと少し違った魚のムニエルにしました。キンメ鯛が値段も手ごろで新鮮そうだったので買い求めましたが、ヒラメやカレイのフィレでも良いでしょう。

骨をきれいにとって、(これだけは手抜きしないで下さい。)片面にアーモンドプードル、小麦粉、レモンの皮のすりおろしを加えてまぶしました。アーモンドとレモンの香がちょっと高級な味になり、とても美味しいムニエルになりました。
レシピは最後に書きました。

a0127398_282084.jpg


付け合せの野菜はカリフラワーを蒸して(7-8分)バターとサラダオイル、塩、チャイブを加えました。

a0127398_285262.jpg


もう一つの野菜料理はほうれん草のソテーです。少し甘味を加えたかったので、レーズンを最初にオイルで炒め、紫玉ねぎの薄切りを加えて更に炒めます。ほうれん草を加え、しんなりしたら、塩とナツメッグで調味します。玉ねぎとレーズンの甘さが不思議にほうれん草に合います。

a0127398_2912100.jpg


最近はこのような献立で満足するようになりました。5-6年前までは、このような魚料理の場合は、肉系の前菜をもう一つつけるか、カリフラワーをチーズたっぷりのグラタンにするなどしていたものでした。年をとると、料理の手間もかからなくなります。

食前に急に飲みたくなったと、夫が娘から教わったカクテル、ペーパー・プレインを作りました。

a0127398_2111674.jpg


キンメ鯛のアーモンド・ムニエル
レシピ:Dorie Greenspan著「Around my French table」参考
材料(2人分)

アーモンドプードル 1/3カップ
小麦粉 大匙1
レモンの皮のすりおろし ½個分
塩、胡椒
キンメ鯛(又はヒラメか、カレイなど)のフィレ(皮、骨をとったもの) 2枚
玉子の黄身 1個
バター 大匙2

レモンのくし切り
アーモンドスライス(トーストしたもの) 適宜
パセリのみじん切り 適宜

1.アーモンドプードル、小麦粉、レモンの皮のすりおろしを良く混ぜ、塩胡椒を加えて混ぜる。

2.魚の水分をふき取り、刷毛で玉子の黄身を片面(皮がついていた面)に塗り、1をまぶす。

3.バター(無塩バターの場合は塩を入れる。)をフライパンで軽く茶色になるまで熱し、アーモンドがついた方の面を下にして、魚をソテーする。火を弱め、片側約3分。丁寧にひっくり返す。バターをフライパンに足して、もう一方を約2分焼く。

4.皿に盛り、トーストしたアーモンドの薄切り、パセリのみじん切りを散らし、レモンを添える。

もし、沢山作って余った場合は、次の日に、トマトやマヨネーズとサンドイッチにするのもとても美味しいそうです。


ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-01-27 02:15 | レシピ