やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

中華風レバニラ炒め  2・18・2011

今朝7時の気温は4.8度C。今頃のサンディエゴにしては、かなり低い気温です。それでも、昨日は真っ白だったクヤマカ・マウンテンが大分まだらになってしまいました。背景が白っぽいので、分かりずらいかもしれませんが、昨日の写真と比べると一日で随分融けてしまったのが分かります。一日というのは語弊があります。昨日の夕方まではまだ真っ白だったのですから。

a0127398_381847.jpg

今朝は絹雲の美しい空が広がっています。何の鳥か、一列になって空を突きって行きました。

a0127398_391344.jpg


さて、夫は内臓系の食べ物が大好きです。私は鶏レバーなら食べますが、その他のものは一口二口で、「ご馳走様」になってしまいます。そういうわけで、普段あまり作らないレバー系の料理ですが、夕べは、本当に久しぶりにレバニラ炒めを作りました。

普通のレバニラ炒めでは面白くないので、一工夫して、中華風にしてみました。鶏レバーは何度も水を替えながら、水にさらして血抜きをします。一口大に切り、更に水で洗い、紹興酒、塩、黒胡椒、胡麻油、片栗粉にまぶして10分おきます

a0127398_395418.jpg

まず、レバーを油で揚げて、油を切っておきます。きれいにしたフライパンに新たに油を入れ、2センチの長さにきった青ねぎ(2本)、しょうがの薄切り(10枚)、ガーリック(2-3片)の薄切りを炒め、香がたってきたところで、もどして一口大に切った木耳を炒めます。ざく切のニラと先ほどのレバーを炒め、紹興酒(大匙1/2)、醤油(大匙1)、砂糖(小匙1/2)、水溶き片栗粉(小匙2)を混ぜたソースを加え、混ぜて皿に盛ります。最後に胡椒塩を振りかけてお召し上がり下さい。

胡椒塩の作り方は以前のサイトを参考にして下さい。

あれば、筍か慈姑の薄切りを一緒に炒めると、色もきれいになります。木耳のシャキシャキ感が不思議にあいます。このレシピは傳倍梅著「倍梅食譜I」を参考にしました。

夕べ夫が作ったカクテルは「Paperol」。アペロール(1 1/2oz)、ライムジュース(1/2oz )、ドライ・ジン(1/2oz)、コアントロー(1/6oz )をシェーカーで作りました。オレンジの皮が中に入っています。

a0127398_3111513.jpg



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-03-01 03:13 | レシピ