やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

魚のから揚げと三種のフレーバー・ソース  3・2・2011

タイ料理で、三種のフレーバーと言うのは、塩辛く、甘く、酸っぱい味なそうです。タイではどこのレストランでもこのメニューがあり、それぞれ皆かなり違うそうです。夕べはシマ鱸(Striped Sea Bass)を99ランチから買い求め、この料理を作りました。

魚を丸のままから揚げにして、ローストしたガーリック、やはりローストした鷹のツメ、タマリンド、ライム、パームシュガー、ナンプラーのソースで味をつけたものです。塩加減と辛さは少しひかえめにしましたが、魚もほっこりしたガーリックもとても美味しい一品です。

a0127398_231580.jpg

付け合せのサラダは、ペルシャきゅうり、シャロット、干し海老、ミント、香菜を、ライムジュース、ナンプラー、少量の砂糖のドレッシングで和えました。これもさっぱりとしていながら、タイの味らしく出来ました。

a0127398_2331237.jpg


カクテルはレモングラス・モヒート。ミント、シュガーシロップ、ラム、氷、レモングラスをシェークしてグラスに注いだ後、クラブソーダを注ぎます。レモングラスのほのかな香とミントの爽やかなカクテルで、タイ料理にとてもあいました。

a0127398_233444.jpg


魚のから揚げと三種のフレーバー・ソース
レシピ:Kasama Loha-Unchit著「Dancing Shrimp」より
材料(2人分)

魚 丸のままで500-600g
塩 小匙1/2
白胡椒 小匙1/8
ガーリック 丸のまま2個
鷹のツメ 大10-15本
塩 少々
タイチリ 5-8本 輪切り
ナンプラー 大匙2
ライムジュース 大匙1
タマリンドジュース 大匙2
パームシュガー 大匙3
ピーナッツオイル (揚げ油)カップ11/2‐2
片栗粉 大匙1-2
フレッシュな赤唐辛子 (飾り)
香菜 適宜(飾り)

1.魚はうろこと内臓を取り、両方のハラに斜めに切込みを入れる。水気をふき塩胡椒をし、20分室温に置く。

2.ガーリックはバラバラにし、根っこの部分だけ切り、皮はそのままで、450度F(230度C)のオーブンで10分、柔らかになるまでローストしたあと、皮をむく。

3.鷹のツメは塩と一緒にフライパンで黒ずむまで乾煎りし、ぬるま湯に15-30分漬けておく。柔らかになったら、輪切りにする。(私は種を取りましたが、辛いのがお好きな方は種も入れて下さい。)

4.小さいボウルにナンプラー、ライムジュース、タマリンド、パームシュガーを入れよく混ぜる。

5.オイルを熱し、片栗粉を魚にまぶし、静かにオイルに入れる。玉じゃくしでオイルを魚に絶えずかけながら、パリッとなるまで揚げる。網に移し、油を切る。

6.大匙3のオイルを残し、別の鍋に油を移す。

7.ガーリック、鷹のつめ、タイチリを炒め、ナンプラーのソースを加え、煮立たせる。

8.皿に魚を盛り付け、その上に熱いソースをかけ、赤唐辛子、香菜を飾る。


ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-03-03 02:38 | レシピ