やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

フィレカツ  3・7・2011

娘が中学や高校生だったころ、「夕ご飯何がいい?」と訊くと、大抵「とんかつ」という答えが返ってきたものでした。大学生になって、たまに帰ってきたときも、最初のリクエストは必ずとんかつかコロッケでした。

2-3年前、久しぶりに家に帰ってくる娘に「やっぱりとんかつがいい?」と訊ねると、「とんかつは自分でも作るから違うものがいい。」という答え。娘が大人になったという実感を持った瞬間でした。

そういう訳で、カツレツを揚げなくなってから久しくなります。夕べは娘ならぬ夫のリクエストで、本当に久しぶりにとんかつを作りました。使った豚肉はロースではなく、脂身のないフィレ肉です。

外側の衣はサクサクとして、お肉も柔らかで、とても美味しいカツでした。ようやく私も美味しいトンカツを揚げることが出来るようになったようです。

a0127398_214377.jpg


冷凍しておいた食パンで生パン粉を作ります。小麦粉、たまごをつけて、パン粉をしっかり押し付けるようにつけます。パン粉をつけてから10-15分置いて、なじませます。たっぷりの揚げ油は170-180度。いちいち計ったわけではありませんが、お菜ばしやパン粉を少し落としてみて、チリチリいう油の加減で温度が分かります。

あまり沢山のカツを油の中にいれず、お箸でカツを動かした感じで、カツのあがり具合が分かるようになりました。良い具合に揚がると、お箸にあたるカツが軽くなるのです。確認のために、菜ばしをさします。すっと入ればOKです。ケーキラックのような網の上に載せて、油を切ってから皿に盛り付けます。たっぷりのキャベツの千切りと、アスパラガスの素揚げとラディッシュを添えて、ワンプレート・ディナーです。


ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-03-08 02:16 | レシピ