やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

カサゴの煮付け  7・7・2011

昨年の夏は涼しかったサンディエゴですが、今年はうって変わって、夏らしい暑さになりました。お気に入りの美容師さんに夏らしくサッパリと短めにカットしてもらい、その後はいつものように日本食料品店、ニジヤさんを訪れました。

ニジヤさんを午前中に訪れることはめったになく、生鮮食品が揃っているか不安だったのですが、結構ありました。夕食のために選んだ食品はカサゴの切り身とひらめのお刺身。その他夏野菜も沢山買い込んで、夕べの食卓から二品ご紹介します。

カサゴの切り身は三つに切り、80度Cくらいのお湯にくぐらせて、氷水にとります。鱗もきれいにとり、かつお出汁2、酒2、水2、醤油1、みりん1の割合の出し汁に落し蓋をして煮ます。一緒にゴボウと生椎茸も入れました。最後にたまり醤油をたらします。青味は別に塩ゆでした絹さやです。

a0127398_1495356.jpg

写真も撮って、一安心して食卓を離れたちょっとの隙に、チャー君にやられました。普段はダイニングキッチンには入れないように柵をしてあるのですが、閉めたつもりが、どうやら開いていたようです。ちょっとした隙も見逃さないチャー君。ちゃっかり夫の椅子に座って、椎茸とゴボウを失敬したようです。人間の食べ物をほとんどもらったことのないチャー君。でも、やはり人間の食べ物には目がありません。

というわけで、折角美味しく炊けた椎茸ですが、無事だった私のお皿から二人で分けました。でも、魚に手をつけなかったのは、魚に興味がないからでしょうか。

もう一品はヒラメの昆布締め。チャー君はこちらの方にも手をつけていませんでしたから、やはり、魚は好きでないのかもしれません。それにしても、チャー君には油断もすきもないと、改めて確認しました。

a0127398_150166.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-07-08 01:53 | レシピ