やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

ラムチョップのグリルとガーリックのコンフィ  7・18・2011

実はラムの料理をしたのは、今まで片手で数えられるほどの回数しかありません。レストランで頂いたのも多分それくらいの回数です。イギリスに住んでいた30年近く前に料理したラムの匂いがきつすぎたのが、トラウマのようになっていたのかもしれません。

レストランだけでなく他所のお宅で頂いても、そのときはとても美味しいと思うのですが、自分で料理するには、なかなか勇気が持てないでいました。それでも、いつかラムのローストを作りたいと、写真を見ながら思っています。一昨日はそんな私の心を見透かしてか、夫が、ラムチョップを食べたいと、言い出しました。

さて、今までほとんどラムを料理したことのない私は、色々な料理本をひっくり返して、簡単で、しかも美味しそうなMario Batali著「Molto Italiano」のレシピを参考にすることにしました。それが表題の料理です。

皮をむいたガーリック(一人10-15片)を大目のオリーブオイルで10分ほどじっくり焦げないように、狐色になるまで揚げます。油を切り、辛口白ワイン(約1カップ)で弱火で煮込み、塩胡椒します。

一方ラムチョップは余分な脂を除き、ペーパータオルでしっかり水気を拭き、塩胡椒し、グリル(私はブロイル)しました。厚さ3センチで、片側4分ずつでミディアム・レアーになりました。

a0127398_2295532.jpg

ガーリックはミントの葉と混ぜて、その上にグリルしたラムチョップをおきます。柔らかで、とても美味しく出来ました。こんな美味しいもの、今まで料理せずにいて、とても損をした気分になりました。これからはもう少しラム料理に挑戦してみましょう。

付け合せはパプリカのロースト。これはガスコンロに直接置いて、皮が真っ黒になるまで焼きます。焦げた部分をきれいにとり、(水で洗っても大丈夫です。)ペーパータオルで水気を拭き、種を除き、縦に8等分します。塩、胡椒、オリーブオイル、ガーリックの薄切り、ハーブ類(パセリ、バジル、ロズマリー、タイムなど)を混ぜて、しばらく置いておきます。

a0127398_2302521.jpg

赤いパプリカに良いものがなかったので、黄色とオレンジ色のものを使いましたが、色彩が単一になって寂しくなってしまいました。

サラダはにんじんとパセリのみじん切り。ヨーグルト(大匙2)、蜂蜜(小匙3/4)、ざくろのバルサミコ酢(あまり酸っぱくない酢、りんご酢でも良いかもしれません。)、塩胡椒のドレッシングです。

a0127398_2304288.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-07-19 02:32 | レシピ