やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

丸のままの鯛の紙包み焼き  12・27・2011

朝からご馳走尽くめだったクリスマスの次の日は、さっぱりした夕食が食べたくなり、お魚を調達しにニジヤさんに赴きました。少し迷った挙句、娘たちがいるので少し奮発して、ニュージーランド産の鯛にしました。

鍋にするか、塩釜にするか、また迷ったのですが、和風味の包み焼きを作りました。ウロコと内臓を取った鯛の水分を拭き、塩を振り、中と外に紫蘇の葉を置き、水につけて柔らかにした昆布を巻きます。

a0127398_947188.jpg

酒を大匙1杯ほど振り掛け、パーチメントペーパーに包みます。端は玉子の白身を糊がわりにつけて、3回ほど折り曲げ、240度C (475度F)のオーブンで20分ほど、紙が膨らむまで焼きました。

a0127398_9474590.jpg

写真にはありませんが、切り分けて、お皿に盛ってから、紫蘇の葉の千切りと冷凍しておいた柚子の皮の千切りを散らしました。柚子の香が料理を引き立ててくれました。冷凍でも大丈夫なことが分かって嬉しかったです。

a0127398_9482341.jpg

尾頭付きの鯛の料理、お正月にも良いですね。

後の献立は、娘のリクエストのあん肝とポン酢。

a0127398_9485745.jpg

もう一品は温野菜のサラダ。自家製の味噌マヨネーズが美味しかったです。

a0127398_9492420.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2011-12-28 09:53 | レシピ