やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

菜の花風ちらし寿司  3・4・2012

ひな祭りにはやはり恒例のちらし寿司が食べたくなります。でも、今年は一人。しかも五目ちらし寿司は1月のポットラックで作ったし。と言うのも、かんぴょうや酢蓮はどうしても作る量が多くなりますから、お一人様としては、少し躊躇してしまうのです。

そこで、いつもと少し違うちらし寿司を考えてみました。知野ファームで求めたやわらかそうなラピニ。菜の花はありませんでしたが、少し苦味があり、黄色い花をつけているところは菜の花そっくりです。少しきつめの塩を入れてサッと茹で、ざるに取ります。水をかけずに、うちわで扇いで冷まします。軽く絞って、昆布にはさみ漬けもの器に入れて一日置きました。

卵は砂糖と塩少々を入れ、いり卵にして、一面に咲いた菜の花畑をイメージしました。マグロの刺身は炙ってから漬け汁につけて、漬けにして、鯛のお刺身は昆布締め。知野ファームの小さな京にんじんは茹でてから、甘酢に漬けました。干ししいたけは甘辛く煮ておきます。

a0127398_0584610.jpg

これらを彩りよく酢飯に散らします。菜の花でなく、ラピニですので、菜の花風ちらし寿司としました。満足のいく美味い出来上がりでした。

そして、お吸い物は定番のハマグリ。昆布だしとハマグリで本当に美味しいおつゆになります。

a0127398_059646.jpg

合わせたカクテルは日本酒ベースのファンタスティック・レマン。1981年の世界のカクテルコンクールの開催地、スイスのレマン湖にちなんで作られた、銀賞受賞のカクテルなそうです。日本酒5/10、コアントロー3/10、キルシュリキュール1/10、レモンジュース1/10をシェークして作ります。氷を入れたグラスに入れた後、トニックウォーター適宜を加え、最後にブルーキュラソー小さじ1を落とし入れます。

a0127398_0592734.jpg

デザートは私の定番パンナコッタ。今回はヨーグルトと生クリーム、メープルシロップです。ソースは先日お友達から頂いたラズベリーソース。このソースを使いたくてパンナコッタを作ったのです。自然の甘味と香りで、とても美味しいソースです。赤ワインとカシスに苺をつけましたので、漬け汁の一部をソースに加えました。

a0127398_0594511.jpg

このラズベリーのソースのおかげで、高級感あふれるパンナコッタになりました。本当に美味しいものをよくご存知のお友達のセンスには脱帽です。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-03-05 01:02 | レシピ