やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

蕪の焦がし煮 & シマスズキの緑酢和え & ブリの塩麹焼き  4・7・2012

知野ファームのお野菜はとりたてなので、日持ちがします。冷蔵庫の中で5日経った蕪の葉もまだぴんぴんしています。蕪の実の皮もそのまま、葉っぱも全て食べられる焦がし煮を作りました。

蕪はよく洗い、(特に茎の付け根)茎との境目のところだけ皮を削り取ります。小さいものは半分、大きければ四つわりにして、ごま油で表面が狐色になるまで炒めます。5センチ長さに切った茎、葉を入れ、しんなりしたら、かつおだし(1カップ)、酒(大匙2)、醤油(大匙1)を入れ、材料が柔らかになるまで煮ます。(この量は小さめの蕪6個分です。)

a0127398_2433750.jpg

蕪の甘さが引き立ち、無駄にするところのない美味しいお惣菜です。

アメリカ産のシマスズキはきつい塩で5分締めてから、酢で洗い、細切りに。きゅうりはおろして軽く水分を切り、煮きりみりん、酢、塩の三杯酢をかけます。桜の花の塩漬けの塩を抜いて、あしらってみました。今回は青い桜の花の器で。

a0127398_244033.jpg

ブリは塩麹に3時間漬けておきました。塩麹に漬けると、塩加減がマイルドになるのですね。身も締まります。これで塩麹を使い切ったので、新たに麹を買いにいきましょう。塩麹は日本で流行るだけあって、とても便利で美味しい調味料です。

a0127398_2442148.jpg

7日の今日はGood Friday とイースターの挟間の土曜日。住宅街を歩いても、何とはなしにゆったりとした雰囲気を感じます。いつもと違う散歩コースを歩いてみました。空は気持ちよく晴れています。

a0127398_2444047.jpg

海を見渡す絶景の広々としたグラウンド。これは小学校のグラウンドです。

a0127398_245132.jpg

これが小学校の建物。アメリカの小学校は1階建てがほとんどです。広いアメリカならではです。大きなテントの下は野外授業用に椅子が並べられています。こんなにきれいな小学校、羨ましいですね。

a0127398_2452331.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-04-08 02:48 | レシピ