やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

豚フィレ肉のシャルキュティエール  4・10・2012

昨日はイースター・マンデーで学校はお休み。買わねばならぬものがあり、サンディエゴの北、カールスバッドにあるアウトレットに行ってきました。このアウトレットの隣は有名なラナンキュラス畑です。ラナンキュラスの球根を作って出荷しています。

a0127398_29307.jpg

丁度お花は真っ盛り。アウトレットの駐車場からも虹色のカーペットが見渡せました。前に何度も訪れたことがありますし、入場料11ドルをけちって、中には入らず、駐車場から写真だけ撮りました。

a0127398_294657.jpg

さて、夕食はフランス料理の伝統的な豚肉料理の一つであるシャルキュティエールをフィレ肉で作ってみました。豚フィレ肉は脂身がないので、さっぱりしていますが、焼きすぎるとパサつくので、注意が必要です。

シャルキュティエールはドライトマトやコーニション、マスタード、白ワインなどが入る美味しいソースです。付け合せはマッシュポテトですが、皮付きのままのりんごと一緒に煮て、マッシュして、バターを加えました。りんごの甘味と皮のしゃきしゃき感が、豚肉に合います。

a0127398_21067.jpg

サラダはマッシュポテトに使ったりんごの残り、大根、レタス、カラント、パセリと組み合わせました。りんごは皮の赤いガラを使いましたので、彩がきれいになりました。

a0127398_2102089.jpg

合わせたカクテルは誰でも知っているジン・トニック。グラスに氷を入れ、ライムを1/4に切ってジュースを絞りいれ、絞ったライムもそのまま入れます。ジン45mlを加え、トニックウォーターを注ぎ、静かにステアーします。飲むと、このカクテルが長い間人気なことが分かります。シンプルなのに、とても美味しいのです。ちなみに、私はジンはいつも冷凍庫の中で保管しています。

a0127398_2103966.jpg


豚フィレ肉のシャルキュティエール
レシピ:Jacques Pepin’s Table 参照
材料(1人分)

豚フィレ肉 半本 1センチ厚さにスライスする
ドライトマトのオイル漬け 2枚
無塩バター 小匙2
オリーブオイル 小匙1
紫玉葱 1/6個みじん切り
ガーリック 1片 みじん切り
青葱  10センチ みじん切り
辛口ホワイトワイン 50ml
ディジョンマスタード 小匙1
コーニション 3個 みじん切り
塩、胡椒 適宜
タバスコ 少々

1.豚肉に塩胡椒し、バターとオリーブオイルでソテーし、サーヴする皿に盛り付ける。

2.同じフライパンに紫玉葱、ガーリック、青葱を炒め、しんなりしたら、白ワインを加え、ドライトマトのオイル漬け、マスタード、コーニションを加え、一煮たちさせる。水分が少なすぎたら、少々の水を足す。

3.塩、胡椒、タバスコで味を調える。豚肉の上にソースをかけてサーヴする。

オリーブに漬かっていないドライトマトを使用する場合は、お湯に30-40分漬けて、漬け汁もソースに入れる。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-04-11 02:14 | レシピ