やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

梅酒備忘録 2012  6・1・2012

今年は梅酒を二瓶漬けました。娘から頼まれたからです。5月22日に一瓶漬け、25日に次のを漬けました。赤い蓋が25日のものです。白い蓋のほうは焼酎のアルコール度が24%。その後、調べたところ、梅酒には35%が適しているのを発見。そのため、赤い蓋のほうは35%の焼酎にしました。

a0127398_2114246.jpg

左は漬けたばかり、3日たった右の梅はもう色が変わっています。
青梅約1キロに対し、白い蓋は氷砂糖800g、焼酎1750ml、赤い蓋は焼酎が1500mlですので、氷砂糖を700gにしました。

ちなみに白い蓋の方はニジヤさんの青梅。赤いほうはマルカイさんの青梅です。マルカイさんのほうが1ポンド8.9ドルとニジヤさんより1ドル安かったのですが、粒は大きめでした。

下の写真はニジヤさんの青梅です。
a0127398_2122025.jpg

漬け方は一昨年と同じです。半量の氷砂糖と焼酎全量を入れ、かき混ぜてから一日置きます。きれいに洗って、水気を一つずつ拭き、本体を傷つけないように丁寧に楊枝の先でヘタを取り、残りの氷砂糖と一緒に漬け込みます。

密閉して冷暗所に置き、半年位すると、きれいな琥珀色になり飲めるようになります。本には1ヶ月、とありますが、我慢して6ヶ月置いたほうが美味しくなります。ですから、丁度感謝祭のあたりが飲み始めになります。二つの瓶の出来がどのように違うか、または同じなのか楽しみです。

なお、瓶は良く洗ってからペーパータオルでしっかり拭き、更に焼酎を浸み込ませたペーパータオルで内側を拭いておきます。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-06-02 02:17 | レシピ