やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

ラズベリー・ティラミス & 鴨とピーチのポートワインソース 6・3・2012

夏に向かって果物の種類も豊富になり、値段も安くなりました。カリフォルニアでは苺はほぼ年間を通して収穫できますが、春から夏にかけて一番美味しくなります。ベリー類や桃なども南米からの輸入物が冬でも手に入ります。でも、やはり地元で採れたもののほうが新鮮で、美味しく、当然安くなります。

近くのスーパー、Ralphsではラズベリーが1パック99セントで売られていました。ブルーベリー、ブラックベリー、苺は2パックで5ドル。私は以前、このように2パックでの値段が表示されている場合、2パック買わないと安くならないのかと思っていたのですが、1パックでも、ちゃんと安くなります。

そうでない場合は、例えば、2パック目はいくら、或いは2パック目はタダと表示があることに気づきました。ですから、上記の場合は、1パック買えば$2.5です。沢山買ってもらえるように、人間の心理をうまく利用した商法ですね。

ブルーベリーは、半分使った後の写真です。

a0127398_212734.jpg

さて、冷蔵庫にある鴨にラズベリーのソース、白桃も買って、こちらはサラダにしようと思ったのですが、途中で気が変わりました。ラズベリーのティラミスを作ろうと思い立ったからです。

ティラミスはレディーフィンガーを市販のものを使えば、とても簡単です。
ところが、以前はこのスーパーに置いてあったのに、どこを探してもレディーフィンガーがありません。一旦はあきらめかけたのですが、手に入らないときは何でもご自分で作ってしまわれる、素敵なお料理満載のアクデニズ。さんを思い起こしました。

少しはアクデニズ。さんを見習おうと思い、レディーフィンガーも作ることにしました。作ってしまえば、それほど難しいものではないのですが、思い立つまでがなかなかなのですね。

丸いほうが器にフィットしやすいかと思い、円形に作りました。

a0127398_2122424.jpg

a0127398_2124130.jpg

デザートの紹介が先になりましたが、メインの鴨とピーチのポートワインソース。これは以前にも載せたことがありますので、レシピはそちらを参考になさってください。

a0127398_2125661.jpg

副菜は残っていた小松菜をガーリックと一緒にオリーブオイルで炒め、パルメザンチーズとレモンの皮を散らしました。小松菜のしゃきしゃき感が美味しいです。

a0127398_2131085.jpg

サラダはきゅうりとディル。塩、砂糖、白ワインヴィネガー、ディルと混ぜて冷蔵庫で冷やします。でてきた水分は捨て、味見をして、上記の調味料を足して味を調えて、食卓へ。きゅうりはこれも安売りしていたペルシャ・きゅうりです。種もなく、くせもない美味しいきゅうりです。

a0127398_2132129.jpg


ラズベリー・ティラミス
材料(約3人分):1カップはアメリカサイズ、250mlです
レディーフィンガー

小麦粉 1/6カップ
コーンスターチ  1/12カップ
卵 2個 黄身と白身に分ける
砂糖 2/9カップ
1.オーブンを400度F(200度C)に温めておく。

2.白身に塩少々(分量外)を入れて固く泡立てる。

3.黄身を良くかき混ぜる。

4.粉、コーンスターチ、砂糖は一緒にしてふるいにかける。

5.黄身に2の1/4を入れ泡を消さないように混ぜる。粉類を一度にいれきるように混ぜる。

6.残りの白身を入れ、泡を消さないようにかき混ぜて、パーチメントペーパーの上にお好みの形と大きさに絞り出す。

7.オーブンに入れて、約8分、うっすらと色がついたら取り出して、パーチメントペーパーのまま、ケーキラックに載せて冷ます。

ラズベリーソース
ラズベリー 2パック(1パック170g )
砂糖 大匙3 (好みで加減してください)
キルシュまたはラズベリー酒 大匙1
1.ラズベリーは洗って水気を切り、飾りの部分(一人6-8個)を残し、裏ごしして、種を取る。

2.ラズベリーのピュレに砂糖を加えてかき混ぜ、キルシュを加える。

フィリング
マスカルポーネ ¼カップ
粉砂糖 1/6カップ
キルシュ 小匙1
生クリーム  3/8カップ

1.マスカルポーネに砂糖を入れて混ぜる。あまりかき混ぜると固くなるので注意する。キルシュを加える。

2.生クリームを泡立て、1に加えてかき混ぜる。

盛り付け
キルシュまたはラズベリー酒  約大匙3

1.レディーフィンガーを器に入れ、キルシュを刷毛で塗る。

2.ラズベリーソースを1にかけ、マスカルポーネのフィリングをその上に載せる。

3.飾りのラズベリーを載せる。

4.1-3を繰り返す。

冷蔵庫で冷やして、お召し上がりください。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-06-04 02:15 | レシピ