やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

和風セヴィチェ & 茄子と油揚げの煮物  6・9・2012

二、三日お肉料理が続くと、魚が食べたくなります。新鮮な魚類はやはり日系スーパーです。外国に住んでいて、お刺身がいつでも買える環境というのは、本当に素晴らしいです。

そして、訪れたニジヤさんで見つけたものは、

a0127398_1593247.jpg

またしてもKing Boletes(Boletus)、ポルチーニです。しかも前に買ったものの半値です。美味しかったポルチーニご飯を再現しようと、もちろん篭に入れました。

魚コーナーで見つけたものは、ミックスシーフードのお刺身パック。ハマチ、鮭、タコ、イカのお刺身の切れ端(?)のミックスです。色々な種類のお刺身が食べられるまたとないチャンス。迷わず篭に入れました。これでセヴィチェを作ったら美味しそう、と思ったのですが、冷蔵庫にある知野ファームのお野菜を考えると、新たにアヴォカドを買うことは許されません。海鮮丼も美味しそうですが、ポルチーニご飯のつもりですから、このアイディアも無し。

散々考えた末に出した結論が、和風セヴィチェ。柚子胡椒、醤油、レモンの皮のすりおろしとレモン汁、紫蘇の葉を刻んで、シーフードと和えました。きゅうりは一緒にあえず、板擦りにして薄切りにし、要塞のように周りを囲みました。湾曲したきゅうりでしたので、厚みの揃わない薄切りになりましたが、ご容赦を。

a0127398_20742.jpg

副菜は茄子と油揚げの煮物。茄子は縦半分、長かったら更に横斜めに半分に切り、塩水に落し蓋をしてアクを抜きます。2-3分茹でて水に取り、冷めたらペーパータオルで軽く水気を取ります。三角にきった油揚げと一緒にだし汁、みりん、砂糖、醤油の中で落し蓋をしてゆっくり煮含めます。

a0127398_20308.jpg

くっつり煮た茄子はとても美味しかったです。青みは茹でたインゲンを千切りにして載せました。

もう一品はインゲンの味噌炒め。茹でてザルにあげて水気を切ったインゲンはごま油で炒め、味噌、砂糖、少量の醤油を水でのばしてからめます。最後に今年は鉢植えで元気に育っている紫蘇の葉の千切りを加えました。これもこれから夏に向かって美味しい一品です。

a0127398_205241.jpg

夕べはポルチーニをご飯とお吸い物にしてみました。煮過ぎてしまったからか、お吸い物はしゃきしゃき感が少なくなってしまいましたが、お汁は味が出てとても美味しかったです。

a0127398_211221.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-06-10 02:03 | レシピ