やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

無花果のケーキ  10・11・2012

ピレネー旅行から帰ってきて、しばらくは疲れからか、ボーっとした日々が続きました。美味しいものばかり毎日お腹一杯食べたのも効いて、白いご飯とお漬物とお味噌汁が何日も続きました。

やっと食欲が戻り、しばらくぶりで訪れた知野ファームで、美味しいストロベリー・フィッグを見つけ、まずはサラダを作り、残りの7個で、前から作りたかったケーキを焼きました。

a0127398_2115398.jpg

無花果をポートワインと蜂蜜の中でポーチしてからケーキの生地に載せて焼きます。ポーチしたあとのワインはソースに。生地にはコーンミールも入りますので、ちょっと変わった食感も楽しめます。しっとりとしていて、デザートにもおやつにも適したケーキです。

a0127398_212878.jpg

無花果のケーキ  
レシピ:Dorie Greenspan 著「Baking from my home to yours」参照
材料(私は直径13センチの型を使いましたが、オリジナルは9インチ、23センチです。23センチの方が作りやすい量ですので、こちらを載せます。)

カップはアメリカサイズ、250mlです。

ルビーポートワイン ¾カップ
蜂蜜 1カップ(私は20%減らしました。)
レモン 薄切り2枚
フレッシュな無花果 16-20個 茎を除き、半分に切る
小麦粉 1 1/2カップ
イエローコーンミール ½カップ
ベーキングパウダー 小匙2
塩 小匙1/4
砂糖 ¼カップ
レモンの皮の摩り下ろし 半個分
無塩バター 大匙12 室温にして6等分しておく
卵 大3個 室温にする
ヴァニラエッセンス 小匙1

無花果とソース
1.ポートワインと1/2カップの蜂蜜、レモンのスライスを鍋に入れ、煮たったら、弱火にし、無花果を加える。蓋をして4-6分、無花果が崩れないようにポーチする。

2.穴杓子でイチジクを取り出し、残りのソースを10-15分トロッとするまで煮詰める。

ケーキ
1.オーブンを350度F(180度C)に温めておく。9インチ(23センチの丸型のケーキ型の底にパーチメントペーパーを敷き、無塩バターを脇と共に塗る。粉を薄くはたく。

2.小麦粉、コーンミール、ベーキングパウダー、塩を一緒にボウルに入れかき混ぜておく。

3.砂糖とレモンの皮の摩り下ろしを大きなボウル(スタンドミキサーがあればその方が望ましい。)に入れ、指先で混ぜ合わせて砂糖を湿らせて、香りを出す。

4.バターを加え、中くらいのスピードで3分、クリーム状になるまでかき混ぜる。

5.卵を1個ずつ割りいれ、1個ごとに1分かき混ぜる。残りの1/2カップの蜂蜜とヴァニラエッセンスを入れ、2分かき混ぜる。均質でなく、もろもろになるが、大丈夫です。

6.ミキサーのスピードを弱め、粉類を入れてかき混ぜる。ケーキ型に入れて、平らにならす。上にポーチしたイチジクを載せ、オーブンの中段に入れる。

7.50-60分(私は13センチの型だったので30分)、ケーキが狐色になり、真ん中に串を刺して何もついてこなかったら出来上がり。

8.ケーキラックに型のまま移し、10分ほどしてから、型から取り出す。室温か少し温かいうちに、ソースと共にサーヴする。

9.お好みで粉砂糖(分量外)を振りかける。

このケーキは室温で二日持ちます。冷蔵庫に入れた場合は、少しレンジで温めた方がおいしくなります。




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-10-12 02:15 | レシピ