やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

アーモンドのマドレーヌ  12・14・2012

毎週木曜日は合唱の練習日です。月2回は総合練習、後の2回はソプラノとアルトのパート練習。男性は少ないのでパート練習は時に応じて皆さんのご都合の良い日に適宜行います。

と言うわけで、昨夜は総合練習だったのですが、練習の後有志で夕ご飯に出かけます。仕事帰りの方の多くは夕飯を食べる暇も無く練習に駆けつけるからです。私はお腹が空いていてはエネルギーが出ないので大体食べてから出かけますが、昨日は他の皆さんと夕ご飯をご一緒しました。

でも、何も食べないで8時半過ぎまでは持たないので、何か軽食をと思ったのですが、生憎何もありません。それで甘くないおやつ的なケーキを作ることにしました。

a0127398_37940.jpg

レシピはDorie Greenspanさんのホームページからで、12個分とあったのを半量の6個作りました。また、Greenspanさんはアーモンドの実をフードプロセッサーで粗い粉状にして使いますが、私はもっと簡単にアーモンドプードルを使いました。

マドレーヌの浅い型を使ったので15分で焼きあがり、短時間で簡単に出来ますが、ラム酒の香りが良い、しっとり美味しいケーキです。ミルクティーと一緒に頂きました。

a0127398_373819.jpg

ミルクティーは少量の水に紅茶の葉を入れ、少し煮出したらミルクを入れ沸騰寸前で火を止め、茶漉しでこして戴きます。インド人に教わった作り方です。お茶の葉と一緒にクローブやカルダモンなどお好きなハーブを入れれば美味しいチャイラッテになります。

アーモンドのマドレーヌ(オリジナルの英語はAlmond Baby Cakeですが私はマドレーヌの型を使い、ケーキと言うよりはマドレーヌに近いものを作りましたのでこのような名前にしました。)
レシピ:Dorie Greenspanさんのレシピを参考
材料(マドレーヌ型6個分)

アーモンドプードル 70g
砂糖 カップ1/3(日本のカップ)
卵 2個
バター 大匙2と1/2
ラム酒 大匙1 (キルシュ、またはヴァニラエッセンス小匙1でも良い)

1.オーブンを180度C(350度F)に温めておく。

2.マドレーヌの型はバターを塗り、更にマドレーヌ用の紙があったら敷き、(無かったらパーチメントペーパーを敷く)紙の上にもバターを塗る。

3.スタンドミキサーで卵と砂糖を5分ほど、色が白くクリーム状になるまで、約5分かき混ぜる。

4.アーモンドプードルを入れ、更に1分以上かき混ぜる。ゴムベラで底からかき混ぜる。

5.柔らかにしたバターを少しずつ入れてかき混ぜる。バターがところどころ粒になっていても大丈夫です。

6.ラム酒(またはキルシュ、エッセンス)を入れてかき混ぜる。

7.型に入れて、オーブンの中段に入れ、15-6分、串を真ん中に挿して、何もついてこなかったら出来上がり。

8.型を逆さにしてラックに置き、型をはずす。冷めてから紙をはがす。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-12-15 03:09 | レシピ