やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

鮭の粕汁とカクテル三種  12・27・2012

クリスマスの洋風のご馳走の後はやはり和食が恋しくなります。野菜たっぷりで体が芯から温まる粕汁を作りました。

大根はいちょう切り、人参は小口、ごぼうはねじり切りにして水にさらし、蓮根は半月切りにして酢水につけ、こんにゃくはちぎって、里芋は乱切り、それぞれさっと湯がいておきます。鮭は一口大に切って塩を振り5分ほどおき熱湯をかけて臭みを取ります。

鰹の出し汁で湯がいた野菜類を茹で、鮭を加えます。一方酒粕は少量の酒と出し汁で柔らかにしてすり鉢ですりながらのばします。最近の柔らかな酒粕はのばすのが簡単で便利です。鮭が煮えたらのばした酒粕を少しずつ加え、最後に赤味噌で調味します。お味噌でなくおしょうゆでも良いです。

a0127398_3341995.jpg

今回は入れませんでしたが、ちくわや油揚げを入れても美味しいです。最後に青味の葱を散らして出来上がり。フーフー言いながらいただく粕汁。お酒臭くて子どもの頃は嫌いだった娘も今では大好きになりました。

a0127398_3343846.jpg

お友達の庭で採れた小松菜の辛子醤油和えを添えて。

a0127398_3345644.jpg

さて、アメリカでは大晦日はあちこちで人が集まり最後のカウントダウンをしながらシャンペンでお祝いすることが多いようです。最近はカウントダウンまで起きていることもなくなりましたが、1年の終わりを感謝し新たな年への期待をこめて、我が家でもシャンペンでお祝いします。でも、時にはゆっくりカクテルを味わいながら、しみじみゆく年くる年をお祝いするのも良いかもしれません。

それで、最近作って美味しかったカクテルを三種類ご紹介します。

以前にもアップしたことがありますが、緑色がきれいなグラスホッパー。クレーム・ド・カカオ(白)1/2、クレーム・ド・ミント1/4、生クリーム1/4をシェークして作ります。生クリームが入るのでアフターディナーにも最適です。

a0127398_3352170.jpg

ニューヨークのマンハッタンに落ちる夕日をイメージして作られたというウィスキーベースのマンハッタン。ライウィスキー4/5、スィートベルモット1/5、マラスキーノチェリー1個、レモンピール(レモンの皮の薄切りを折ってレモンオイルを最後に振りかける)。これはステアーして作ります。

a0127398_3353652.jpg

バカルディ社が作ったラムベースのその名もバカルディ。バカルディラム・ホワイト3/4、フレッシュライムジュース1/4、グレナディンシロップ 小匙1、シュガーシロップ小匙1をシェークして作ります。とてもきれいなピンク色に仕上がります。

a0127398_3355233.jpg

もちろんクリスマスイヴにアップしたカクテル、ブロンクスもとても美味しいカクテルです。大人の集まりにカクテルで色を添えるのも一興かもしれません。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2012-12-28 03:41 | レシピ