やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

2013年元旦の夕食  1・2・2013

元旦の夕食は朝に少し品数を増やしました。自分の備忘録としてお重の左上から順にしるします。(写真を撮ってから気づきましたが、朝とプレースマットが同じ色でした。せめて違う色にすれば良かったと反省。)

a0127398_24918.jpg

紅白蒲鉾(市販品)

卵の黄身の塩麹漬け。生卵を殻のままジップロックにひとつずつ入れて凍らせた後、冷蔵庫で10時間ほどかけてゆっくり解凍させます。卵を割って中の黄身だけ取り出し、塩麹に1時間ほど漬けました。ねっとりとして美味しくなります。

a0127398_24257.jpg

鶏肉の照り焼き。もも肉の皮目はフォークで穴を開け、サラダオイルを敷いたフライパンで両面狐色になるまで焼きます。余分な油をペーパータオルで拭き、醤油、砂糖、みりん、酒を混ぜ合わせてまわしかけ、弱火にして蓋をして火を通します。切って盛り付けてから白胡麻を散らします

牛肉の八幡巻。ごぼうは4つ割りにして15センチほどの長さに切って柔らかにゆでておきます。牛肉の薄切りで巻き、ソテーしたあと、余分な油をとり、醤油、砂糖、酒を合わせたものを加え、転がしながら水分が煮詰まるまで照りをつけながら焼きます。

海老の鬼殻焼き。頭付きの海老は酒、みりん、醤油に15分ほど漬け、じっくりグリルします。

蓮根のたらこ詰め。蓮根は酢水でシャキッとした食感を残すぐらいに茹でます。一方酢、砂糖、鷹のつめ、塩を煮立て、蓮根が熱いうちに1日漬け込みます。蓮根の水分を拭き、ほぐしたたらこを穴の中に詰めます。箸で丁寧に少しずつ根気良く詰めました。

a0127398_24411.jpg

鰤の塩麹焼き。鰤の切り身を塩麹に二日漬けて、焼きました。

伊達巻。はんぺん1枚に卵4個、砂糖、塩、酒を入れてミキサーで攪拌し、卵焼き器で焼き、すのこで巻きます。

田作り。ごまめは弱火で乾煎りし、カラカラと軽い感じになったら冷まさないように布巾に包んでおきます。みりんと醤油と酒少々をフライパンで熱し、フワーと泡が立ったらごまめ入れて箸でかき混ぜます。最後に芥子の実を散らします。

マグロの海苔巻き。マグロのお刺身は柵のまま塩麹に1日漬けます。細長く切って、海苔で巻きました。

華頂山きんとん。サツマイモは皮を厚く剥いて一晩水にさらし、柔らかにゆでます。熱いうちに裏ごしして西京味噌(サツマイモの大体1/10の量)、砂糖、栗の甘露煮の蜜少々を入れて弱火で練ります。火からおろして、抹茶をお湯で固めに練ったものを加えてかき混ぜます。冷めてから栗の甘露煮を真ん中に入れて茶巾絞りにします。皮はきんぴらにしますので捨てないでください。

a0127398_245854.jpg

夕食はお重の中に数の子、松前漬けを忘れました。冷蔵庫から出していても忘れるのですから、今年も思いやられます。

今年のお節は塩麹が大活躍でした。塩麹に漬けた数の子、鰤、マグロ、卵の黄身、全てとても美味しくできました。今年もますます手放せそうにない塩麹です。

折角の姉からのプレゼントの塗り鉢、初使いはお煮しめを盛りました。器が良いと料理も高級に見えます。

a0127398_251735.jpg

皆様も良いお正月をお過ごしください。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-01-03 02:10 | レシピ