やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

ビーツとリコッタチーズのオーブン焼き&ビーツの葉のスープ 6・13・2013

先日訪れた知野ファームでは数種類のベビービーツがありました。一番オーソドックスな濃い紫、オレンジ、赤のほかに白までも。この中で私の一番好きな紅色を買ってきました。(何年も前のことですが、友達が知野ファームで売られている野菜を写真に撮ろうとして拒否されたことがあり、それ以来ここでは写真を撮りません。)

a0127398_2473858.jpg

ローストしたビーツは自家製リコッタチーズと残っていたゴートチーズ、キャラメライズしたシャロット、パン粉、オレガノと一緒にオーブンで焼きました。これはレストランの再現料理で、以前アップしたことがありますので、詳しいレシピはそちらをご覧下さい。

a0127398_247591.jpg

そして立派なビーツの葉っぱはスープに。これも以前レシピをのせました。今回はじゃが芋を切らしていたので、つなぎに洗わないお米を入れました。クルトンとパルメザンチーズをたっぷりかけるのがコツです。

a0127398_2482486.jpg

a0127398_2484049.jpg

デザートは白桃とマスカルポーネのカスタード。出始めの白桃は少々甘さに欠けましたが、カスタードにすれば美味しく食べられました。

a0127398_2491584.jpg

以前、洋梨でこのデザートを作ったとき、洋梨の他に桃でもできるということを書きました。桃だったらどんな洋酒が合うでしょうね。という私の問いかけに、楽しい旅行記やレシピが満載の「異邦人の食卓」のタヌ子さんが、パスティスはどうでしょう、と提案して下さいました。

今回、タヌ子さんの提案を受け入れて、パスティスを使いましたが、これが大正解。ほんのりとしたアニスのような香りが桃とぴったりでした。タヌ子さん、どうもありがとうございました。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-06-14 02:50 | レシピ