やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

James T. Hubbellのオープンハウス  6・17・2013

建築家、彫刻家、画家、芸術と自然との調和を具現したアーティスト、James T. Hubbellの一年に一度のオープンハウスが父の日の16日に開かれました。サンディエゴから車で1時間と少し内陸に入ったジュリアン(Julian)の街に彼の住居とスタジオがあります。

よく晴れた日曜日。友達と二人でこのオープンハウスを訪れました。まずはJulianの街でランチです。りんごの街として知られるこの小さな街のJeremy’s on the Hillというレストランで、友達はシーフードサラダ、私はポルタベッロとズッキニとスイスチーズのサンドイッチを頼みました。

a0127398_235555.jpg

父の日とあって、レストランはなかなかの盛況でした。日曜のお昼に営業しているか確認の電話をした際、父の日だから予約をしたほうがよいです、と言われて予約をしたのですが、確かに正解でした。

a0127398_2362653.jpg

お味のほうもなかなか美味でした。

腹ごしらえをしたところで、いよいよオープンハウスです。スタジオへの道路は舗装されていないデコボコの私道ですので、7-8人乗りのヴァン6台がお客さんをピストン輸送です。

現在もここで生活しているHubbellさんの住居とスタジオは小高い丘の上で、周りは山々に囲まれた、正に自然の中の一画です。

a0127398_2365819.jpg

広大な敷地の中にスタジオ、キッチンと居間、寝室、息子たちの部屋などが独立した建物として点々としています。

まずは、スタジオ。

a0127398_238482.jpg

2002年の山火事で消失して新たに作り直したというキッチンと居間。そのとき燃え残った木だと思いますが、オブジェとしてそれも絵になります。

a0127398_2382787.jpg

床、カウンタートップ、全てが手の込んだモザイクです。現在も使っているとのことですが、とてもきれいにメインテナンスされています。

a0127398_2473532.jpg

a0127398_239619.jpg

a0127398_2392514.jpg

壁にかけられた彼の絵。

a0127398_240811.jpg

彼の息子がデザインしたというソファー。

a0127398_2404783.jpg

音楽にも造詣が深いのか、ハープとキーボードもあります。窓にはステンドグラス。

a0127398_241832.jpg

この彫刻も彼の手によるものです。

a0127398_2413426.jpg


大きな石造りの暖炉。天井も木。

a0127398_2423570.jpg

居間を出ると寝室につながっています。渡り廊下(?)のような所にもモザイクで出来た小さな池。

a0127398_243367.jpg

寝室は中に入れませんでしたが、写真を撮ることだけは許してくれました。天井からの光で朝は自然に目が覚め、夜の帳が下りれば、床につくのでしょうか。

a0127398_2432269.jpg

寝室を出ると、また雄大な景色が広がっていました。

a0127398_2434092.jpg

長くなりますので、続きはまた明日。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-06-18 02:50 | サンディエゴ