やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

空豆とアスパラの冷製スープ  6・26・2013

今日は簡単に煮込みハンバーグにしようと、小山裕久著「幸福の食卓 100のヒント」のページをパラパラめくっていて、ふと目に止まった目次があります。「緑のビシソワーズ アスパラガスと空豆で初夏の味を」と言う項目です。

先ほど冷蔵庫に空豆とアスパラを見つけ、早く使わねばと思っていた矢先でしたので、早速作ってみることにしました。冷製スープは作りおきができるので夕方が忙しい 日にはうってつけです。

アスパラ(5本)は袴の部分は取り、空豆(7-8本)も鞘から出して塩茹でします。私はこの茹で汁も取っておきました。両方ともさっと氷水にとって冷まし、空豆は薄皮もむきます。アスパラの穂先はいくつか浮き身として残します。これで、1-2人分です。

ミキサーにかけ、水と先ほどの茹で汁も少し加えて適度な濃度にし塩で調味します。(本には硬度の強くないミネラルウォーターを使うとありました。)
また、本には苦味を消すためにほんの少し砂糖を入れると書いてありましたが、忘れてしまいました。最後にコアントローを少量入れて、冷蔵庫で冷やしました。

a0127398_2423189.jpg

シャンパングラスに入れて食卓へ。正に初夏の爽やかな味でした。冷製なので、チキンストックではなく水の方がすっきり仕上がるのですね。生クリームや牛乳を入れれば色も変わり、それもまた美味しいかもしれません。砂糖を入れ忘れましたが、2時間ほど冷蔵庫の中で寝かされて、出来がけのときより落ち着いたまろやかな味になりました。

a0127398_243126.jpg

メインは味噌味の煮込みハンバーグ。そしてサラダ。ありきたりのお惣菜ですが、シャンペングラスに入れた緑も鮮やかなスープのお陰で、お洒落な食卓になりました。



ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-06-27 02:46 | レシピ