やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

シマスズキのカルパッチョ&海老とグリーンソース  7・13・2013

NHKのニュースで報じられる日本の連日の猛暑。放映される映像を見ながら、涼しいサンディエゴにいることをラッキーだと思います。日本の皆様、お体に気をつけてお過ごしください。

さて、涼しいとはいえやはり夏ですから、あまり火を使った料理をする気にもならず、口当たりの良いものがほしくなります。ニジヤさんで見つけたお値段が手ごろな刺身用のシマスズキをカルパッチョにしました。

あわせた野菜は1個68セントとお買い得なアボカド、そして色とりどりのチェリートマト。ドレッシングはシンプルにレモン汁と塩、オリーブオイル、そして鉢植えのタラゴンを加えました。タラゴンの優しい甘いような香りが引き立ちます。

a0127398_23848.jpg

メインはスペイン料理の海老とグリーンソースです。付け合せは塩ゆでしたいんげん。生ハムとバター炒めにしようと思っていたインゲンですが、茹でて固さの加減を見るために一口食べてみたら、これがとても美味しい。ほんのりした塩味にインゲン本来の甘さが引き立ち、このまま食べることにしました。

a0127398_2381921.jpg

素材がよければ余計なことをしないほうが却って美味しいものですね。ちなみにインゲンは知野ファームのものです。

海老とグリーンソース
レシピ:Penelope Casas著「The Foods & Wines of Spain」参考
材料(4人分)


殻付き海老 大450g
塩、胡椒
小麦粉  少量
オリーブオイル  大匙5
パセリ みじん切り カップ1
ガーリック 2片 みじん切り
辛口白ワイン  ¼カップ
玉葱  みじん切り 大匙2
小麦粉 大匙1と1/2

海老のブロス
海老の殻
水 11/4カップ
レモンのスライス 一切れ
玉葱のスライス 一切れ
胡椒粒 3粒
ローレル 1枚
タイム 小匙1/4
パセリ 一茎
塩 少々(なくとも良い)

1.海老は尾と一節残して殻を剥き背綿を取る。(殻はブロスのために取っておく。)

2.殻とブロスの材料を全て鍋に入れ、20分煮出して漉す。(約3/4カップになればよい。)

3.パセリのみじん切り、ガーリック、塩、胡椒をフードプロセッサーにかけ、白ワイン、海老のブロスを加えてソースを作る。

4.海老は軽く塩胡椒し、小麦粉をまぶしてオリーブオイル(大匙3)でソテーし、皿に取る。

5.海老を炒めたフライパンに残りのオリーブオイルを足し、玉葱を炒め、小麦粉を加えて更に炒める。

6.海老のブロスを徐々に加えグリーンソースを作り、先の海老を加えて温めてサーヴする。





ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-07-14 02:41 | レシピ