やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

蕪と茄子の使い道  7・24・2013

先日友達から頂いた大量のお野菜。他の友達に差し上げようと思いながら、もって行くのを忘れ、結局全部一人で消費しました。

一日目は蕪と胡瓜とレモンの即席漬け。蕪の葉はさっとゆがいて、全部を塩でもんでから、漬物器で漬けました。

a0127398_1351410.jpg

新鮮な葉っぱは油揚げと炒め煮。

a0127398_1353516.jpg

そして本体は豚肉のみぞれ煮

a0127398_1355150.jpg

茄子は最初は定番の焼き茄子。私はガスのコンロに直接置いて直火でローストします。網も何も使いません。これですと1分で出来ます。冷めてから焦げた皮は手で剥く、と言うよりこそげ取ります。

a0127398_136922.jpg

次の日は蕪のこがし煮茄子の揚げ煮

a0127398_1363052.jpg

a0127398_1364754.jpg

三日目は蕪の湯もみ漬け。薄切りの蕪と適当な長さに切った葉を塩でもんで、熱湯をかけ、葉の青臭さを取ります。水で洗って冷まし、しっかり絞って鷹の爪の輪切りを添えます。塩気がないので、お好みで醤油を掛けて頂きます。

a0127398_140969.jpg

茄子はマリネ。縦に四つに切り、塩水に放してあくを抜きます。しっかり水分をふき取り、狐色になるまで油で揚げます。

a0127398_1403472.jpg

塩少々、鷹の爪、ガーリックの薄切り、ローリエ、ミント、酢(私はシャンペンヴィネガーと米酢を小匙1ずつ使いましたが、どちらか一方でよいです。)、オリーブオイル(小匙2)を混ぜた中に、揚げた茄子を入れて1時間ほど味をなじませます。

蕪も茄子も新鮮でとても美味しかったです。お友達に感謝!!

一昨日は土用の丑の日。副菜ばかりをアップしましたが、メインはうな丼。鰻はここでは中国産の一度冷凍したものしか手に入りません。そのため長いこと買うのを躊躇っていたのですが、思い切って買いました。それは鉢植えの山椒を使いたかったからです。

a0127398_1405535.jpg

小さい鰻の一串をうなちらにするか、うざくにするか、色々迷ったのですが、丑の日なので、普通にうな丼にしました。鰻より山椒の香りが引き立った丼でした。

a0127398_141169.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-07-25 01:43 | レシピ