やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

宮保鶏丁など四川料理三品  10・3・2013

ご存知「宮保鶏丁」とはクン・パオ・チキンのことです。私はこの料理は長いこと鶏肉とカシューナッツだと思っていましたが、ピーナッツが本当だと言うことを何年か前に知りました。本来は鷹の爪を一皿に少なくとも10本入れるそうですが、私は大分マイルドにしました。レシピは以前のサイトを参考になさって下さい。

a0127398_1134217.jpg

さて、夕べの食卓で主菜より美味しいと思ったのが赤いパプリカの酢の物です。中国では赤いパプリカは提灯ペッパーと言う名前があるそうです。そういえば、中国の提灯に形が似ています。赤いパプリカはお肉と一緒に炒め物にするほか、単独で冷菜としてバンクエットの食卓を飾ることも多いそうです。(Fuchsia Dunlop著「Land of plenty」参照)

a0127398_1143021.jpg

パプリカは縦半分に切り種を取り、数分茹でて水に取り、皮を剥き、千切りにします。米酢(小匙3)、白砂糖(小匙3)、塩(少々)をボウルの中で混ぜ、パプリカを加えて混ぜます。最後に胡麻油(小匙2)を加えてさっとかき混ぜ食卓へ。

皮を剥くと舌触りがよく、美味しさが増します。多少の手間ですが、是非おやりになって下さい。

a0127398_1145878.jpg

もう一つの副菜は胡瓜の四川風サラダ。胡瓜をさっと炒め、花椒と鷹の爪のピリッとした辛さが美味しい一品です。

a0127398_1151215.jpg




ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-10-04 02:00 | レシピ