やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

中華風ジャック・オー・ランターン  10・28・2013

私が住んでいたおよそ30年前までは、日本ではハロウィーンは殆ど認知されていませんでした。ちなみに、日本ではハロウィンと最初のハにアクセントをつけて呼んでいるようですが、私にとってはィーと伸ばすアメリカ風の言い方のほうが耳に親しいです。

お祭り好きのアメリカ人にぴったりのこのお祭り、国民的祝日ではありませんが、子どもたちにとってはクリスマスの次に楽しみなイベントです。私も娘が小学生だった頃は、ミニマウスや人気のテレビドラマ「魔法使いのジニー」のコスチュームを縫わされたものでした。

子ども中心のハロウィーンですが、娘の話によると、サンフランシスコでは大人も大いに楽しんでいるそうです。アメリカの中でサンフランシスコは特異な街ですから、さもありなんです。

さて、使ってしまわなければいけない豚挽き肉を前にして、ハロウィーンらしい一品を作ることを思い立ちました。

オレンジと黄色のパプリカの中に豚ひき肉、干ししいたけ、青葱を詰めて、蒸したものです。周りには干し椎茸の戻し汁やチキンストックに漬け込んだ青梗菜を飾ってみました。名付けて中華風ジャック・オー・ランターン。

a0127398_1472633.jpg

今まで南瓜のファルシ(詰め物)は小さいもの大きいもの、何度か作っていますが、蒸したパプリカの詰め物はさっぱりとして、しかも簡単。とても美味しくできました。

a0127398_148683.jpg

夫の祭壇にもお供えしました。「ハハハ、考えましたね。」と言う声が聞こえるようでした。

a0127398_1513264.jpg

もう一品は南瓜とココナッツクリームのスープ。これは以前にもアップしましたことがありますが、夕べはもっと簡単に皮を剥いた南瓜をココナッツクリームの中で煮て、マッシュしました。調味はナンプラーと白胡椒。赤いセラノと香菜で少し遊んでみました。

a0127398_1532128.jpg

作って楽しく、食べて美味しい遊び心のある食卓でした。

a0127398_1515747.jpg


中華風ジャック・オー・ランターン

レシピ:私のオリジナル
材料(二人分)


パプリカ 黄色やオレンジ 2個
豚挽き肉  150g
干ししいたけ 大1枚 ぬるま湯で戻しておく
青葱  1本 みじん切り
パン粉 大匙2 (豚肉が少なかったので入れましたが、なくともよいでしょう。)
玉子の黄身 1個 (豚肉の量によって全卵でもよいでしょう。)
片栗粉 大匙1
塩、胡椒、胡麻油  適宜
青梗菜  中1個
チキンストック 約150ml
ラディッシュ又はミニトマト (飾り)4-6個

1.パプリカはジャック・オー・ランターンの形にくりぬいた後、上部を丸くくりぬいて、中の種などをきれいにとる。

2.豚挽き肉、みじん切りの椎茸、青葱、塩、胡椒、片栗粉、玉子、胡麻油を入れて手でこねて、パプリカの中に詰める。

3.皿に入れて中火の蒸し器で約20分蒸す。

4.この間に青梗菜を縦に四つに割り、さっと塩茹でして、軽く絞る。

5.椎茸の戻し汁、チキンストック、塩の中で青味が残るくらいに煮て汁の中で冷ます。

6.皿の真ん中に蒸しあがったパプリカをのせ、周りを青梗菜で取り囲む。

7.パプリカを蒸した皿に残った汁を青梗菜を煮た汁に加え、ジャック・オー・ランターンを作ったときにでたパプリカを小さく切って加えて煮る。水溶き片栗粉を加えて餡を作り、青梗菜の上からかける。

8.ラディッシュ又はミニトマトを飾る。



「アレンジいろいろ!秋鮭レシピ」コーナーにレシピを掲載中!


ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-10-29 01:57 | レシピ