やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

誕生日の夕食  11・12・2013

自分の誕生日を忘れていた私。正確に言うと、自分の誕生日のために特別な料理を作ることを忘れていた私。和食を食べたいという一昨日から泊まりにきている娘のために何を作ろう、と考えていたら、11日が自分の誕生日だということを失念して買い物をしてしまったのです。

折角誕生日の当日なのですから、自分のためとはいえ、少しは華やかにしようとデザートを作ることにしました。買い物に行かず家にあるもので出来るもの、しかも二人で食べきれるサイズ.ということで、りんごのデザートを作ることにしました。

デザートを作るのだったらそれに合う夕食、という訳で、和食を作ろうと思って買った食材を洋風に変えました。

白和えにしようと思っていた柿は石榴と胡桃で前菜に。ラム酒とライムと少量の蜂蜜に柿と石榴を漬けて、メロンボーラーでくりぬいた柿を器にして、胡桃を散らし少しお洒落にしました。

a0127398_2432480.jpg

メインは銀ダラとキノコ類のホイル焼き。ミニトマトはオリーブオイルでソテーしておきます。塩麹でマリネした銀ダラとエノキ、生椎茸、しめじを白ワイン、レモンの皮の千切りとともにホイルで包み、220度Cのオーブンで10分ほどベイクしました。

a0127398_244675.jpg

困ったのはシラスの使い方。苦肉の策で付け合わせとしてシラス入りサフランライスにしてみました。フュージョン風な味になりました。

a0127398_2444397.jpg

お吸い物にしようと思っていた松茸はサラダに。グリルして春菊、パルメザンチーズとレモンの皮を一緒に、レモンジュースと塩とオリーブオイルをかけただけのシンプルなサラダです。

a0127398_2452344.jpg

a0127398_2455776.jpg

デザートはりんごのキャラメル・タンバル、英語の名前はCaramelized Apple Timbales。皮のままスライスしたりんごをキャラメライズして、小さなスフレの型に入れて冷蔵庫で冷やしたお菓子です。(タンバルは太鼓の意味です.太鼓の形に似ているところからこのような名前になったのでしょう。普通はパイ皮の中に果物などを詰めたものが多いようです。)

a0127398_246258.jpg

写真がきれいに撮れなかったのでのせませんが、プレーンヨーグルトをかけていただきました。りんごが結構甘いのでヨーグルトかサワークリームは必須です。

豪華ではありませんが、少し目先が変わった夕食になりました。何より、娘と娘のワンコが一緒だったのが一番のプレゼントでした。


りんごのキャラメル・タンバル
レシピ:Jacques Pepin 著[Jacques Pepin’s Table]参考
材料 (4人分


りんご 大4個
レモンジュース  大さじ2
グラニュー糖  大さじ4
水  大さじ3
レモンの皮の千切り  小さじ2
水  70CC
無塩バター  大さじ1
サワークリーム又はヨーグルト  大さじ4

1.りんごの上の芯の部分をくりぬき、レモン汁に漬けておく。

2.りんごを縦に半分に切り、芯をメロンボーラーでくりぬき、横に5ミリ幅にスライスする。

3.砂糖と大さじ3の水を一緒に鍋に入れてキャラメルを作る。琥珀色になったらスライスしたりんごとレモンの皮、残りの水とバターを加え中火でりんごにからめる。弱火にして蓋をして約7分煮る。

4.蓋を取り、中火にして色がつくようにりんごを汁にからめる。(すっかり水分が蒸発するように気長にすることがポイントです。)

5.小さなスフレの型にラップを敷き、冷めたりんごを敷き詰め、ラップをかぶせて冷蔵庫で冷やす。

6.型から取り出して皿に盛り、とっておいた芯の上部を飾る。サワークリームかヨーグルトと一緒にサーヴする。




「アレンジいろいろ!秋鮭レシピ」コーナーにレシピを掲載中!


ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-11-13 02:47 | レシピ