やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

娘のためのお惣菜  11・19・2013

洋風料理はしょっちゅう自分で作るから和食が良いという娘。

日曜日はお昼に美味しいタイ料理をレストランで頂いたので、夕食はさっぱりと。

中トロのマグロは塩麹に7時間ほど漬けておきました。使った塩麹の量は約小さじ2。一仕事したマグロはまろやかになり美味しくなります。

a0127398_249252.jpg

ヒラメは昆布締め。水分を拭き取った平目のお刺身(150G)はきつめの塩(約小さじ1)をふってペーパータオルに包んで冷蔵庫で7分。氷水で洗って水分をしっかり拭き、少量の水で戻した昆布(昆布の表面の水分も拭きます。)にはさんで、きっちりラップして冷蔵庫へ。この日は7時間ほどでしたが、できれば一晩おくともっと良いでしょう。

ツマとしてのキュウリは板ずり(多めの塩をしてまな板の上でしっかり転がし、水洗い。)して薄切り。

サラダは水菜と柿と大根。蜂蜜とリンゴ酢とオリーブオイルと少量の塩のドレッシングです。

a0127398_2495534.jpg

余っていた蕪の葉っぱは油揚げと煮浸し。昆布を戻したつけ汁はこのときに使います。

a0127398_2501179.jpg

月曜日は鶏団子のお鍋。鶏団子には生椎茸のみじん切りと長芋のみじん切りを入れ、お味噌で軽く下味をつけます。長芋のシャキシャキした食感が美味しく、粘りがあるので卵を入れなくともお団子がまとまります。

a0127398_2502883.jpg

自家製チキンストックが足りなかったので、昆布と干し椎茸も入れただし汁にしました。

a0127398_2504455.jpg

最後はご飯を入れてお雑炊。ご飯とお汁の割合がちょうど良かったらしく、すばらしく美味しくできました。

娘のために多少詳しくレシピを書きました。娘からレシピのリクエストがあった昆布締めは、今度写真入りでのせましょう。ご飯の支度の心配をせずに仕事だけしていられる実家は、娘にとって格好の息抜きの場所なのでしょう。私も元気でおさんどんができることに感謝です。




「アレンジいろいろ!秋鮭レシピ」コーナーにレシピを掲載中!


ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-11-20 02:53 | レシピ