やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

冷蔵庫の整理でけんちん汁と他二品&今年の干し柿

今日こそは買い物に行こうと思い冷蔵庫をチェックすると、色々なものが少しずつ残っています。もう一日我慢して、あるもので済ませることにしました。

お豆腐、油揚げ、里芋、大根、人参、生椎茸でけんちん汁。1/4丁ばかり残っていたお豆腐は水を切って(ペーパータオルにくるんで電子レンジで1分)適当に崩して、胡麻油で炒めます。そこへ一度ざっと湯がいた里芋、銀杏に切った大根、ねじり切りにした人参、角切りの椎茸、短冊に切った油揚げを加え、鰹だし汁を加えて、材料が柔らかになるまで煮ます。

a0127398_3161377.jpg

塩と醤油で調味。青味の絹さやもインゲンもないので、鉢植えから三つ葉を取ってきました。

a0127398_3173067.jpg

動物性蛋白質の一品は豚肉。前日のお鍋で余ったしゃぶしゃぶ用の薄いお肉なので、りんごを薄く切って巻いてみました。サラダオイルでソテーして、酒、みりん、砂糖、醤油で照り焼き風に。あしらいの緑は鉢植えのレタスの茎です。

a0127398_3174483.jpg

今年もうまく出来た干し柿を使って大根と人参のなます。柔らかな自家製の干し柿は本当に美味しいです。私はどちらかというとそのまま食べるより料理に使う方が好きです。擂り胡麻を上ににかけました。

a0127398_318069.jpg

今年も柿はキッチンに吊るしました。今年はへたに紐をまわし、剥いてから熱湯に5秒漬けましたが、10個中4個が黴びました。軒のない我が家では外に干すと雨に当たるので、室内の方が良いようです。

a0127398_3184182.jpg

ほんの少々の黴はペーパータオルで丹念に拭き取り、更に焼酎(私は手持ちのウオッカを使いました。)を刷毛で塗って完全に黴を取り除きます。ひどい黴は残念ながら捨てましょう。

黴びていないものにもウオッカを塗りました。また、夜の暖房のセットを華氏で1度あげて64度F(18C) にしたところ、暖房が入るようになり乾燥するからか、黴は止まりました。ちなみに日中は太陽が照ると室温は20度Cくらいになり、暖房はいりません。

a0127398_3185954.jpg

一週間後に揉むと早く出来上がります。今年は18日目にとりこみ、一つ一つラップに包み、一部は冷凍庫で保存。これくらいの日数ですと、中はとろけるような柔らかさです。甘さもちょうど良い加減です。

a0127398_3191270.jpg

渋柿が手に入るうちにもう一度作ろうと思っています。



「無形文化遺産決定!ずっと残したい我が家の和食レシピ」コーナーにレシピを掲載中!


ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2013-12-08 03:22 | レシピ