やせっぽちソプラノのキッチン

sprnokchn.exblog.jp
ブログトップ

ワカサギのイタリア風マリネ&蕪とオレンジのサラダ&蕪の葉と生ハムのソテー

日本のスーパー、ニジヤさんで新鮮なワカサギを見つけました。今度こそはイタリア風のマリネにしようと買い求めました。

日本の蕪も今までになく大振りで葉っぱも新鮮です。蕪が春のものだと知ったのは実はつい最近です。それまで冬が旬だとばかり思っていました。もっとも、年中春のような気候のサンディエゴでは旬を体感することはあまりありませんが。

白ワインヴィネガー(100ml)、砂糖(小匙1/2)、塩(少々)、ガーリックの薄切り(1片)、ミントの薄切り(3枚)を火にかけ、沸騰寸前に火を止めて冷まします。

ワカサギは小麦粉に塩こしょうを加えてまぶし、オリーブオイルでカリッとソテーします。油分を切って、冷ましたヴィネガーに漬け込み、最後に小匙2程のオリーブオイルを温めて上からかけます。残っていたフレッシュな唐辛子とミントを加えました。

a0127398_1414882.jpg

蕪は皮のまま薄切り、オレンジのセグメントとパセリのサラダに。薄皮についているオレンジの身を絞ってかけただけです。ピンクペッパーを指で潰して散らしました。これが彩りだけでなく、味にもアクセントを付けてくれました。(塩を使わなくともピンクペッパーと香りの良いオレンジの酸味だけで私には充分ですが、お好みにより塩をふりかけて下さい。)

a0127398_142432.jpg

蕪の葉は生ハムとガーリックとソテーです。潰してみじん切りにしたガーリックをオリーブオイルで焦がさないように炒め、火を強くして1センチ幅に切った生ハムと蕪の葉を炒めます。生ハムから塩気が出るので、胡椒だけで充分です。簡単ですが、とても美味しい炒め物です。

a0127398_1422046.jpg

瑞々しい蕪を使って春らしい食卓になりました。

a0127398_1423620.jpg



ご訪問ありがとうございました。
にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

[PR]
by Mchappykun | 2014-03-31 01:44 | レシピ